六畳半のすごし方 TOP  >  Go!プリンセスプリキュア >  第42話「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!」

第42話「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!」

○今週の出来事
①憧れが現実に

 久々にドーナツにありつけてうっとりするきらら嬢。この子、仕事してるよりドーナツ食ってるイメージの方が強いような気がするんだが。
 早速食べようとしたところでファンの子たちが声をかけてきます。サインに応じているといつの間にか行列が。ドーナツは当分おあずけ。しかしファンからの声援に悪い気はしていない様子。

 全部片付けて寮に戻ってくるといつにない勢いで社長がやってきます。ジャパンコレクションのメインモデル(の一人)に選ばれた!と吉報を持ってきます。一流になるための登竜門というか、選ばれた時点で凄いステージらしい。普段きららと付き合っているせいか、雑誌を読んでいるせいかスラスラとトワに説明するはるか達。ジャパンコレクションと銘打ってますが開催地はニューヨーク。これはいつものアレですな。
 海外進出の大きな足がかりになると社長も期待を寄せます。トップモデル実現のためのチャンスが舞い込んできました。


 ホープキングダムを調査していたカナタは星の城を発見。以前きららが訪れた場所。なんか紋章が光ってます。なるほど、トワがそうだったように対応しているようです。個人回の最終章。ところで馬はどこから呼び出しているんでしょうか?

 社長は続いて新人を紹介。明星かりん。研修も兼ねてか、ジャパコレまでの間きららのアシスタントを担当。よろしく、と手を握られたかりんは緊張しながらも感動的な視線をきららに向けます。

 撮影所でもきららの噂で持ちきり。楽屋で色々気を揉むかりんをりんりんと呼びながらきららは先輩らしくアドバイスを与えます。後のシーンでもわかりますが、夢がステップアップしているのに合わせて彼女自身のポジションも変化しています。最早彼女は追うだけの身分ではありません
 プリキュア業も抜かりなく手早く消化。いやもう何と戦っているのか。たぶんシャットさんなんでしょうけど。
 実際テレビCMにも出るようになって多忙。そんな彼女の輝かしい活躍にはるかはうっとり。この期に及んでこの反応を見せるはるかは大物。トワやみなみならそれだけ負担がかかっていることを配慮するでしょうが、はるかは憧れの方が強い。それが彼女の原動力になっている。本作における苦労や努力は当然の代価。欲しいなら払う。ごく当たり前のこと。
 ところが、その支払い方法がまだ決まっていないのがみなみ。映像的にもわかりやすい。この場から真っ先に動いたきらら。みなみより先に歩いているはるかとトワ。彼女はまだ同じ場所に留まり続けている。

 テレビに出演。モデルになった動機を語ります。ジャパコレ影響か露出も増え、雑誌の表紙を総なめするほどに。順風満帆。どう見ても前振りです。
 楽屋でかりんが手作りの特大ドーナツを持ってきます。半分にするとさっそく頬張ります。この一年でたいぶ柔らかくなったと思える光景。元々気さくな性格だったでしょうからこれが本来の姿なのでしょうが。彼女が少しぶっきらぼうに見える時があるのは、割切りができることと、要領が良く大抵のことはさっくりと片付けられるからだと思われます。同じ仕事量なら人より早く片付けて定時退社するみたいな。気が向いたら手伝うかもしれない。彼女の人懐っこさは余裕から生まれている部分もある。じゃあ、それ潰しちゃいましょう。東堂いづみマジ外道。
 勢いよくドーナツを食べるきららを見ながら親がスーパーモデルなんて想像できないと話すかりん。別に幻滅したとかそういう意味ではありません。彼女にとってきららは別世界の人。モデルを目指した動機を尋ねられたかりんはとっさに視線を外しながら話し始めます。
 夢が無かった。勉強もスポーツも絵もダメ。落ち込んでいるときにふと目にしたのがファッション誌。モデルに勇気付けられると自分もオシャレするようになり、モデルになりたいと思うようになったと語ります。オシャレに全く興味が無い私には実感がまるで湧かないのですが、それでも外見的な美醜は自信の有無に関係するのでしょう。そういうこと言い出したら女児向けアニメの感想書くことで精神耐性が鍛えられて充実感と自信が増すとか思ってる私の方が世間一般的には意味不明でしょうから。だから私は良いと思うのです。それがなんであれ、人に迷惑をかけない限りそれをやって自信がついて晴れ晴れと自分の力を振るうことができるなら。人は自由である。人の邪魔をしない限りはそれを認める。というのが私の基本的な他人に対する理解です。どうせ私に関係無いし。無関心をもって肯定とする。
 夢が叶ったのでは? するとかりんはただのモデルではないとほのめかします。視聴者的にはバレバレですが、きららも後ほど知ることになります。幸せそうにかりんはそっと笑います。

 虹を忌々しいと罵るクローズ。ストップとフリーズに出動を命じます。シャットが横槍を入れてきますが「てめぇはいい!」と切り捨て。もう頭数にも入ってないね。


②憧れが夢に
 渡米当日の朝。まだ暗いうちからきららは起き出すと固い表情を浮かべます。トワが尋ねると正直に打ち明けます。でもうずうずしている自分もいると殊勝。ブラシで髪をとかしながらトワはいつもきららはパワフルだと評します。この組合わせも意外と様になるというか、普段ペチャクチャしゃべってなくても大事な部分は伝わってる感ありますね。
 仕事もプリキュアもあたしにパワーを与えてくれる。だからずっと走っていられるのかも。そう話すきらら。やることがある。やりたいことがある。自分にしかできないことがある。自分ならできる。何かをやるにしてもやらないにしても人は理由を欲するし、また必要な生き物です。それが人を生かす。
 「今日のあたしは今まで一番輝いている。世界が、夢が、あたしを待ってる
 陽が昇ります。

 空港まで見送り。始まる前から凱旋ムード。そんなに盛らなくてもパターン見えてますから。
 変なポーズに定評がある二人組出現。今回は横っ飛び。そうきたかぁ。勿論ターゲットはかりん。
 「きららさんのようになりたい!」
 彼女の言葉に合点がいくきらら。
 きららには用事があるので3人で対応。先を促しますが、戦況は不利。安心して任せられねぇ。でも背を向けて走ります。世界で活躍するトップモデルへのスタートライン。目の前には自分の夢。後ろには自分を追ってきた夢。立ち止まると引き返します。お約束の展開。5話もそうですが、彼女は自分を慕ってくれた人を見捨てるなんてことはしないし、おそらくできない。母への強烈な憧れがあるということは彼女にそれだけ他者への期待や一体感があること示しています。トワのときだってそうです。クールに見えてべったり。この点では実ははるかの方が本質的にクールと言えるかもしれません。ひたすらに自分の夢を、理想を、願いを実現することに全力を尽くす。きららの憧れが一体感に近い性質を持っているのに対して、はるかのそれは自己愛的(自立的)な性質を持っています。

 流れるように必殺技を連発。が、ゼツボーグも手強い。総攻撃にもビクともしません。ギンガキーを使用。強いけど倒せない微妙な扱い。鉄壁の装甲を纏って体当たり。結局物理で殴った方が強いのがプリキュア流。


 問題はここから。
 当然のことながらジャパコレはドタキャン。社長は深くは尋ねませんが、落胆した様子を隠すこともなく仕事は当分なくなると釘を刺します。
 「当分ならいいのだけれど…」
 かかってくる電話に社長は詫び続けます。

 寮でジャパコレを見ているときららが話しかけてきます。とっさにテレビを消すと気にしなくていいときらら。
 「あたし、あのときどうしてもりんりんの夢を自分で守りたかった。そのことを後悔なんてしてない。もしまた同じことがあってもあたしはあの子を助ける。100回でも1000回でもやっぱり同じことをすると思う
 大丈夫大丈夫と言いながら部屋に戻ります。

 星の城は沈黙したまま。忘れていました。当然ここでピカピカ光るわけはありません。彼女の夢は曇ったまま。


③次回予告
 まさかの2連続。


○トピック
 東堂いづみ「はるかを凹ませたんだから、そりゃきららも凹ませるだろ?」
 一般人のゆいちゃんですら3回ゼツボーグになってもケロっとしてるんだから、プリキュアにはもっと頑張って貰いましょうという東堂いづみの鬼畜な計らい。


 夢を取るか友達を取るかみたいな選択はシリーズでもよくある話しで、大体は一旦夢に待ったをかけて友達を取っています。これはいくつかバリエーションというか言い訳の仕方があるんですが、基本的に彼女達はまだ子どもであり時間的な猶予があること、友達を大事にすることが結果として夢に近づくことなどが選択の正当性を支えています。
 今回のきららの話しはもう少しシビアな設定。社長がポツリと漏らしたように今後仕事が無くなる可能性が高く、待ったをかけるタイミングとしては最悪。だからこそナイスなタイミングと言えます。夢をテーマとする本作において夢の力は絶対です。無限にして最強のパワー。そうであればこそ、今回(次回)問うのは、人は夢を捨てられるか?という話しになります。結論を先に言えば捨てられるわけがないのです。仮にそれが違う形になったとしても、人は何かの幻想を抱かねば生きられません。人が恋するのは(相手に)夢見るから。あばたもえくぼ。じゃなきゃこんな現実クソゲーすぎてやってられないわ。投げやりに聞えるかもしれませんが、裏返せばやりようがあるという話しです。私はそこに人の、生きることの面白さがあると思っています(クソゲーがさらにクソゲーになることもある)。

 話しが逸れたので戻すと、きららの立場は変わっています。もはや彼女は夢を追うだけの立場ではありません。今までは憧れを追ってガムシャラに走っていれば良かった。好きな子と一緒に居るために力を出していれば良かった。でももうそれはできません。後輩ができ、期待にも応えなければならない。自分が自分だけのものではなくなりつつある。プリキュアとしての使命、それは自分が一個人でありながらも他者(社会)に対するなにがしかの責任を負っているという自覚を持つことです。ここでいう責任とは一般論的な責任のことではありません。個人として持つ誇りのことです。ぶっちゃけ趣味と言い直しても良い。かっこいいところを見せたい、筋をとおしたい、ちゃんとしたい。あの時かりんを見捨てたら彼女は自分を卑怯者だと感じるでしょう。たとえ自分に不利益が生じるとしても果たさなければならない義務を自覚することは人に誇りを与える。それもまた人に必要なものです。
 要するに今回の話しは単純に夢か友達か?というような図式ではなく、夢を進めていけば誰もが突き当たる次の問いを提示しています。自分のプライドと保身との葛藤であり、ひいては誇りと夢を同時に持ち続けられるかという。
 母を追ってきたきららが追われる立場になったことは、彼女の視野を広げるキッカケになっています。同時にそれは試練にもなっています。しかしこれを乗り越えたとき、彼女は一人の人間として大きく成長するでしょう。人生は答え(方法)が一つではないからこそ面白く、それ故に難しい。そのもどかしさを誰もが体験する。人の身で正しくあることは不可能に近い。しかし強くあることは決してできないことではない。だからこそその試練を経ても笑うことができる人に心からの賞賛が贈られる。

[ 2015年11月29日 16:18 ] カテゴリ:Go!プリンセスプリキュア | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL