六畳半のすごし方 TOP  >  本の感想 >  ドキュメント 戦争広告代理店(高木徹)

ドキュメント 戦争広告代理店(高木徹)

○ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争 高木徹 講談社
ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争


 金もない、力もない、人気(知名度)もない、ないないづくしでも世論を味方に付ければ逆転できる。必要なのはPR力。
 セルビア人に苦しめられていたボスニア・ヘルツェゴビナのムスリム人はアメリカに助けてもらおうとする。でも資源もなんの旨味もない国にアメリカの食指は動かない。そこでアメリカの民間PR会社の助けを借りてセルビア人を悪者に仕立て上げ、国際世論を味方に付けることに成功する。

 粗筋はこんな感じで、PRつまり情報戦に勝利した事例。PR会社と聞いてもあまりピンとこないけど、アメリカでは一般的なようで、政府がPR会社から人材を登用するほどに重視されているようです。
 ボスニア・ヘルツェゴビナなんてマイナーで興味もなければ助ける価値もないような国をどうやってアメリカ国民に浸透させたのか。草の根的なマスコミ関係者への情報提供など地道な活動もさることながら、キャッチコピーと相手の食指に合うようにアレンジすることも重要。
 「民族浄化」という言葉が使われ始めたのがこの紛争で、この言葉には確かに強烈なイメージがある。英語ではethnic cleansing。クレンジング……クレンザー……洗い落とすの!?みたいなイメージがあって、これがセルビア人糾弾に一役かったことは間違いない。また、環境問題に感心が強いアメリカ人に最初は環境問題と抱き合わせて情報提供したり、民主主義に関連した情報を伝えるなど相手にとって欲しい情報に加工。さらにはテレビで流して貰うために言葉のセンテンスを短く区切るなど「外向け」を計算しつくした手腕はプロならでは。
 にわかに「強制収容所」(これもナチスを思い浮かべる言葉でインパクトが強い)があるのではないかという情報が出始め、それを探していたジャーナリスト達は結局見つけられず、有刺鉄線越しに映ったガリガリの人の写真を掲載するとこれが世界に大きなインパクトを与えてしまう。実際には全然関係ない写真で、強制収容所自体あったかどうかも疑わしい。しかし確たる証拠もないまま、勢い付いたPR会社の裏工作などもあって強制収容所ありきで話しが進み、セルビアは国連から除名されてしまう。


 ボスニアとセルビアどちらに正当性があるのか私にはわからないし、本書でも言及は避けられています。どちらも「相手が悪い!」と水掛け論を繰り返すばかりで事の真偽はわかりません。
 この紛争で活躍したカナダのマッケンジー将軍はこう語っています。
 「たとえば、敵を砲撃するとき、迫撃砲をわざと病院の脇に設置するのです。こちらが撃てば当然敵が反撃してきて、味方の迫撃砲陣地を狙った砲弾がとなりにある病院の小児科病棟にも落ちます。それがサラエボにたくさんいた記者たちの手で報道されて世界の母親達が同情する、というわけです。国際世論をひきつけるために、自分の国民を犠牲にするやり方ですよ

 イギリスの元首相キャリントン卿の言葉も取り上げられ、
 あるとき、サラエボのイゼトベゴビッチ大統領のオフィスを訪問すると、ちょうどその建物が砲撃された。そのとき、イゼトベゴビッチ大統領は敵対するセルビア人勢力がしているはずの砲撃のタイミングを分単位で正確に知っていた。と言うのだ。
 「これはとても怪しいと思った。ボスニア・ヘルツェゴビナ政府の首脳は自分たちが同情をかうためにどんなことでもする決意を固めているのだ、と私は判断した


 泥沼の戦争やってんのね、としか思えません。しかし国際世論は圧倒的にボスニア支持。それに逆らうような情報は排除される。よく日本は空気で動くと言われるが、それは世界的に見てもある風景で、一度悪のイメージが付いたものを持ち上げようとすると巻き添えを食う形になり(上記の二人はその煽りを食らった)、誰も味方してくれなくなる。ここにPRの重要性があります。早い話し、事実がどうであろうが、その時、その人々にそれが本当だと信じ込ませた方が有利。ボスニア側がアメリカの超優秀なPRマンを味方に付けられたこと、セルビアが情報戦に遅れをとり、挽回しようとした時点ですでに悪者のレッテルを貼られていたことが明暗を分けたと本書では詳細に説明されています。


 こうした話しを聞くと、マスコミへの不信感やPR会社へのきな臭さを感じてしまうのだけど、だからと反感や軽蔑感を持つのは早計。逆に言えば実態が伴っていなくても口八丁、手八丁で切り抜けられる余地があるし、そもそも世の中それを前提に動いているんだから、それを利用しない奴はその分だけハンデ抱えているようなもん。ハンデ抱えても勝ち抜けるなら良いでしょうが、負け惜しみを言うのは愚者のやること。誰だって見栄えのいいものを良いと思うし、先入観を捨てられないし、自分がそう思いたいように解釈する。世の中には公正な人も公正な組織も存在しない(公正っぽい人、公正っぽい組織はあるかもしれない)。そういうことです。
 これは個人レベルでもいえることで、SNSなどのメディアを活用して有名になる人もいれば自爆する人もいるように使い方で結果は千差万別。結局はメディアリテラシーというか、相手にどう見られるか、相手を自分の思うように動かしたかったら相手にわかる言葉で、相手に伝わる手段で発信しろって話しですね。その上で「沈黙は金、雄弁は銀」の使い分けも出てくる。
 私は対人関係への労力や手間を「対人コスト」と表現しています。頑張って好かれようとは思わないけど、敵を作る必要もない。仕事でもプライベートでもそれなりに自分が有用だと思わせられれば十分。それ以上はコストがかかりすぎて面倒臭い。友達が少ないとその分気にする必要も減る。そういうやり方もある。

[ 2015年08月07日 00:15 ] カテゴリ:本の感想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL