六畳半のすごし方 TOP  >  よもやま話し >  プリキュア映画色々

プリキュア映画色々


映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険 [Blu-ray]映画Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪ [Blu-ray]映画フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!? [Blu-ray]


 Blu-ray版。特典CDはキャスト全員呼んで話し作るのを諦めたのか、各シリーズの代表キャストでトークする内容になっています。その代り時間は30分くらいあります。出演者は次のとおり。
鏡の国:のぞみ、りん
お菓子の国:のぞみ、ミルク
おもちゃの国:ラブ、タルト

 特徴的なのはどのトークでもプロデューサーの鷲尾さんと梅澤さんの名があがること。普通のアニメって監督の名がもっと前に出ると思うんですが、プリキュアはPの名が前に出ることが多くて、それぞれの時代を築き上げたイメージがありますね。イベントは応募しておきます。


 映画について軽く触れると、

・お菓子の国
 ムシバーンは間男。娘のショコラが親子の絆で母親を取り戻す。これと同時並行してプリキュアと男達の戦いがあって、要するに女の子が乱暴狼藉をはたらく男達をとっちめる話し。レモネードの肘打ちからの右ストレート、アッパー、回し蹴りが凶悪。ラストバトルはシリーズ屈指の名場面。最近はパワーアップしちゃうとパパッと倒しちゃうんですが、しっかり殺陣をやっていて痛快。
 余談ですが、プリキュア5の感想は今でも拍手がつくことが多くて、ファンの人気が根強いか新規が入りやすい作品のようです。


・おもちゃの国
 悪者は自分達だった、という話し。この意味で視聴者参加型のミラクルライトの使い方は完成されています。トイマジンをはじめとした玩具達を救うのは他ならぬ視聴者だからです。本作の1年後に公開されたトイ・ストーリー3でもクマのぬいぐるみが敵として登場するので見比べると面白い。
 5系とフレッシュはシリーズの分岐点になっていて、映画でもそれがよく現われていますね。

 バレリーナ(ハピネス)は悪者がいる一方で、救済対象もいて最近はこのふたつを再統合する動きがあるのかもしれませんね。


[ 2015年06月19日 11:52 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL