六畳半のすごし方 TOP  >  映画の感想 >  桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

監督:吉田大八
脚本:喜安浩平、吉田大八

 同名小説の映画。
 本作を見た人の多くが思い浮かべるであろうワードは「スクールカースト」だろうと思う。私も最近知った言葉だけど、要するに学内での勝ち組・負け組、リア充・非リア充、その序列のこと。運動部に所属していて明るい奴に比べるとオタク系の奴って肩身狭いじゃないですか、ソレ。

 メインとなる登場人物は、映画部部長の前田と野球部所属の菊池宏樹。このふたりの対照的な立ち位置が物語の中核。

 さて、当然オタク系で冴えないメガネの前田がこのスクールカーストの底辺と見られがちなんだけど(そういう感想も多い)、私は全然そんな風に見えませんでした。彼は自分の好きな映画、撮りたい映画に熱中していて、それを理解してくれる部員と一緒に活動している。また、彼は自分が将来映画監督になれるなんて思っていない。部活は自分が好きな映画との接点を感じさせてくれるものだと自覚しています。度々映画の撮影が妨害されてもちゃんと自分の意見を主張できる。そんな彼なら大学に行っても似たようなサークルに入って、同好の友を見つけて楽しくやれるでしょう。高校生活を振り返ったときにいい想い出がたくさん出てくるんじゃないかな。つまり、充実してるんですよ、彼。間違いなくリア充です。


 本作の特徴はタイトルになっているのにもかかわらず桐島本人が登場しないこと。
 バレー部のキャプテンで、美人な彼女がいて、クラスの人気者。そんな彼がある日突然部活を辞めて学校にも出てこなくなる。その理由は誰にも分からない。物語は彼の失踪を知った関係者の右往左往する様子が群像劇として描かれる。桐島ネットワークの中心がなくなったことで様々な関係に変化が起きるのが本作の一つの見所なんだけど、やはり注目はもう一人のメインである菊池宏樹。
 彼は第二の桐島とも言える人物で、野球部所属の幽霊部員。でも運動神経抜群のため試合があれば誘われるほど。人気者で彼女もいる。桐島と友人の彼もまた桐島ネットワークの主要なポストにいる。

 みんなが桐島桐島言っている中で、前田はマイペース。桐島ネットワークに接続していない彼は自由で、独自のポジションを持っている。それに対して菊池は急に手持ち無沙汰になる。桐島の部活が終わるまで暇つぶしに友人とバスケするのが日課だったが桐島が部を辞めてしまったことでその理由がなくなってしまう。幽霊部員で、彼女にお熱というわけでもない。ダラダラと毎日学校に来ているだけ。ラストの前田と菊池の会話に彼らのスタンス、ポジションの違いが明確に現われる。前田が納得して自分の好きなことに熱中しているのに対して、菊池には何も無い。彼は空っぽ。その事実を目の前にした彼は動揺して半泣きになる。
 もしかしたら桐島もそれに気付いて辞めたのかも知れないし、周囲を驚かせるためにわざとやったのかもしれないし、全然別な理由かもしれない。いずれにせよ桐島が失踪したことで突きつけられた現実は、自分で居場所を作れる(守れる)人の強さ・充実であり、知らずの内に依存していた人達の脆さです。

 この作品はスクールカーストの逆転劇(オタクがリア充に一矢報いる)ではない。勝ち負けとか、序列とか関係ない。自分が好きなことを納得してやれる。もうそれだけで人生は楽しい。万能で優秀で人気者であっても熱中できるものがなければ寂寥感や空虚感しか残らない。学校は閉鎖的な空間なので序列や勝ち負けで捉えられがちだけど、人生のスパンで見たときに自分なりの価値を見つけて、邁進して、それを守れるだけの力を持つことの方が重要です。その過程での勝ち負けなど些細なものでしかない。どーせ戦い続けるしかないんだから。

 「戦おう、ここが俺たちの世界だ。俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから


桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
(2013/02/15)
神木隆之介、橋本愛 他


[ 2015年01月08日 18:42 ] カテゴリ:映画の感想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL