六畳半のすごし方 TOP  >  ハピネスチャージプリキュア! >  第46話「愛と憎しみのバトル!誠司vsプリキュア!」

第46話「愛と憎しみのバトル!誠司vsプリキュア!」

○今週の出来事
①愛を見失った少年

 レッドに憎しみの結晶を与えられた誠司は敵に。レッドは身内同士の戦いを高みの見物。

 とりあえず説得を試します。聞く耳を持ちません。自分の憎しみを与えたとレッドは言います。憎まれる覚えはないと答えるプリキュアに「果たして、そうかな?」と意味深に返えします。
 正面から戦うことに躊躇いを覚えるプリキュア。ブルーが胸の結晶を狙えとアドバイス。結晶を壊せば元に戻る。結局いつもの物理。プリキュアに物理以外の手段があった試しなんてありませんが。
 先ほどまでの躊躇いがウソのように徹底抗戦モード。ガチでボコりにいきます。なおレッドを直接狙う選択肢はない模様。

 プリキュアでは珍しい演出をはさみながら交戦。何故よりによって野球のシーンが選ばれているのかは謎です。
 ラブリーの右ストレートが直撃。しかし結晶はその程度のことでは割れません。得意気な表情を浮かべるレッド。前々回あっさりと割れた気がしましたが。
 物理では勝てないのでもう一度説得交渉。レッドが代りに答えます。そもそも憎しみの力に取り込まれたのはおまえらと一緒に居たから。
 「おまえ達の心を常に支えてきた存在、しかし彼の本当の気持ちをおまえ達はきちんとすくい取ってきたのか? 誰にも言えない気持ち、憎しみの結晶はそんな彼の心の影に反応したのだ」
 つまり今誠司が敵として現われているのはこれまでの雑な扱いに対する反抗。役に立たないくせにいつも美味しいところを横取りしてきたブルーへの憎しみ。視聴者の気持ちを代弁しています。この終盤で誠司がキーになるのは、めぐみがイス取りゲームに負けたように、彼女もまたイス取りゲームをした結果誠司が割りを食ってしまったという反復ですね。彼女がラスボスにならなくても、彼女に関わっていた人がそうなるかもしれない。めぐみがもっと自分のことを見ていれば、自分を支えてくれた誠司への眼差しももっと違ったものになったでしょう。形としては誠司の救済ですが、これはめぐみ自身の問題でもあります。
 たった一人を救えない、おまえ達の愛など所詮その程度、とレッドが追い打ちをかけます。不幸の火種は消えることがない。

 傷ついたプリキュアに最後の一撃。何の役にも立たずいつの間にか倒れているブルーの無能さ。


 クリスマスを過ぎたのでもう隠す必要がなく、映画の宣伝も本格的に。


 変身が解けて下着姿に。ここで誠司が鼻血出しながら正気に戻ったら後世に名を残すところですが、残念ながら無関心。勝ち誇るレッド。ブルーが倒れてるのがシュールだな。
 ブルーが育んだ愛に溢れる地球を壊すためにやってきたとレッドは言います。この人、神様の出世コースに負けて辺境に飛ばされてたりするんでしょうか。何故ここまで憎むのか。ノーコメント。来年に持ち越し。
 ここで局地的に勝っても面白くないとばかりに、レッドは赤い星を呼び出します。どうやらこれを地球にぶつけて破壊するつもりらしい。ダイナミックな嫌がらせ。赤い星からは無数のサイアーク達が降り注いできます。間違いない。これデビルコロニーのノリだ。


②愛を取り戻せ
 再び地上はサイアーク達の侵略を受けます。
 目の前の傷ついたプリキュアを放置して、星に戻るレッドと誠司。例によって詰めが甘いですね。

 めぐみの前に立ちはだかるサイアーク。しかし心も身体も傷ついためぐみは悔恨のあまり戦う力を失い、誠司に詫びます。ひめが助けように傷で動けません。ブルーも同じく。…余波しかくらってないのに今までで一番重傷ってどういうことだ。
 ダメダメな主人公に喝を入れるべく駆けつけるキュアテンダー。誰かのことを思う力の強さを私に教えてくれたのはあなた達だったはず。奇跡は自分で起こせ。
 「私は元の誠司に会いたい。たくさん言わなくちゃいけないこともある。だから…
 めぐみは立ち上がります。ひめ達も続きます。それにしてもこの人達の目つきイケメンですな。

 襲いかかってくるサイアークに不意の一撃。世界中のプリキュア達も駆けつけます。みんながピンチと聞いて飛んできたと話すアローハプリキュア。彼女達の担当部署の保安は大丈夫なんでしょうか? 地元で戦っているプリキュアもいます。
 世界を救ったのでそのお礼。ハピネスは相手に言ったことが試練として自分に返ってきますが、相手に施したことも自分に返ってきます。

 今年最後の変身。多くの人々からチャージを受けて、ハピネスチーム参上。
 混成チームによる攻撃でサイアークの足を止めると在庫処分ソングで浄化します。

 そのままの勢いでハピネスチームは赤い星へ飛び立ちます。
 見送るプリキュア達。…神様はついて行かないのか。この投げっぷり、まさにブルー。地球に侵攻してきているサイアークを倒す名目で各国のプリキュアに付いていきます。

 「(誠司…今ならあなたに言える。誠司がいたからここまで頑張ってこられた。誰よりも私が守らなければならない存在だって気付かされた。私の一番大切な人はあなただって…)」
 「(だから必ず助け出すから待ていてね……誠司!)」

 大切な人に自分の気持ちを伝えるために。見失ってしまった愛を取り戻すために。この1年の旅路の果てに、めぐみはどんな幸せを見つけるのか。
 来年に続く。


③次回予告
 大告白会の予感。
 Goプリンセスプリキュアの番宣開始。鍵を差し込んで充填って……雪アナブームの後追いかと思ったら鎧武じゃないですかー!?


○トピック
 東堂いづみだと思っていたら矢立肇だった。
 どてっ腹にハート型の風穴を開けられるレッドの姿しか想像できない。

 もうこれ全力で告白するしかないよね。あなたの幸せは私の幸せ、私の幸せはあなたの幸せ。誰かを…ではなく一緒に幸せになろう。見ている方がこっぱずかしくなるそんな全力勝負を期待しています。


[ 2014年12月28日 15:29 ] カテゴリ:ハピネスチャージプリキュア! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL