六畳半のすごし方 TOP  >  ドキドキ!プリキュア >  第38話「ベールのたくらみ!アイちゃんジコチューになる!?」

第38話「ベールのたくらみ!アイちゃんジコチューになる!?」

○今週の出来事
①アイちゃんの夜遊び

 アイちゃんは順調に成長。イヤイヤ期も脱したようです。アイちゃんの笑顔にマナ達は元気が湧いてきます。私は女子中学生を見ていると元気が湧いてきます。

 映画宣伝仕様OPその3。主に過去編。私は女子しょ(以下略
 ソードはマント姿がカッコイイので、この格好で戦うシーンとかあれば私は泣いて喜びます。それはそれとしてネタバレが容赦ねぇ。


 アジト。ベールはアイちゃんをジコチューに育てる作戦を思いつき、育児本を読み漁ります。アイちゃんをこちら側に引き込めばパワーアップ源として安定します。しかしどうやってアイちゃんを引き込むか。ベールは服を脱ぐとタイツ姿になります。
 ……。
 変な格好で変な動きをするベールから身体を離すイーラとマーモ。危ない人にしか見えません。「指人形で行く」。楽しそうで何よりです。


 夜。ベールが声色を変えてアイちゃんに呼びかけます。無駄にうめぇ。指人形作戦は功を奏してアイちゃんの気を引くことに成功。ベール達の格好どう見てもキャッツアイを意識してるだろ。今回はネタの仕込みが色々酷い。マナの家にまで来てアイちゃんだけ誘い出すって本末転倒のような気もしますが。
 そんなわけで、アイちゃんは朝になってもお寝坊。朝食も食べたがりません。またイヤイヤ期が再発したのかと疑うマナ。お世話をシャルルに任せて学校に。

 学校から帰るとシャルルが力尽きています。昼寝もしないしよりパワフルになって妖精達では手が付けられなくなりつつあります。アイちゃんの急変に疑いを持つシャルルですが、マナ達は赤ちゃんだし日々変わるのでは?と様子見。
 シャルルは寝ずの番を試みますが、睡魔の誘惑には勝てません。
 アイちゃんの我儘が悪化。その晩もシャルルは寝てしまいます。

 アジトでお菓子やジュースを食べ飲み放題。玩具で遊び放題。じょじょにアイちゃんが黒く染まっていきます。野心を再び燃え上がらせるベール。アイちゃんを味方に付けて人間界のジャネジーを独占できればキングジコチューを越えられる。皮算用で高笑い。ああ、この人、絶対出世出来ない人だわ。なんか、こう、スケール小せぇ。メロンソーダで舌が緑色になってるし。ボウリングのピンが飛んできます。ほら、どう見てもお笑い担当だよ、この人。
 超能力を使ってベールをピンに見立ててボウリング。これは酷い。アイちゃんのドヤ顔がクセになる。日頃の鬱憤が溜っているイーラとマーモは歓声を上げます。が、次のターゲットは彼ら。アイちゃんの悪逆非道が夜を徹して行われます。このままジコチュー殲滅できるんじゃないかな。毒には毒で。アイちゃんのジコチュー度はさらに進行。


②愛の結晶
 シャルルからアイちゃんが朝帰りしていると訊くマナ達。
 下駄箱を開けると封筒が落ちます。それを見た六花はラブレチャー!?と焦ります。おやおや、六花さん何をそんなに動揺しているのかな。封筒には「果たし状」とあります。「た」を後から付け足したような位置。ジコチュウの印付。やたら細かいところでネタに走っています。しかしそれにしても残念。修羅場が見られるかと期待したのに。
 ジコチューにアイちゃんが拉致され呼び出されます。

 廃工場。亜久里も含めて集まる5人。イーラ達が待ち受けます。ボロボロの格好で。せめて替えの衣装くらい用意しとけよ。ベールがアイちゃんを見せます。ギャングみたいな格好。アイちゃんのジコチューを高めさせてパワー補充。何故か衣装まで直ります。
 アイちゃん争奪戦が始まります。なお、アイちゃんがこんな状態なので亜久里はお留守番。

 アイちゃんの支援を受けてイーラとマーモは強化されているため歯が立ちません。プリキュアがボコボコにされているのをアイちゃんに見せるのはマズイので目隠しで対処。
 勝ち誇るイーラ達に、ハートは愛は無くなったりしない。愛は信じることだから自分がアイちゃんを信じていれば無限に溢れてくる。そうだね、愛は言葉ではない。覚悟と行動。だからそれを彼女は示さなければならない。映画でその一端が見られます。

 爆発。悲鳴。プリキュアの悲鳴にようやくアイちゃんが気づき始めます。亜久里がアイちゃんに呼びかけます。しかしアイちゃんは混乱し泣き出してしまいます。それがジコチューをより強くします。貯水塔が落下。ダイヤ達が支え、ハートが単身ベールを追います。鳴き声で壊れた煙突がアイちゃんの上に落下。
 煙突の中で二人っきり。ハートはアイちゃんの異変に気づいてあげられなかったことを謝ります。ハートを拒むアイちゃん。抱きしめながらハートは語りかけます。これまでのことを。数々の回想の中に混ざっているノッポさんと氷漬けの王女の構図がひでぇ。ハートは話しながらアイちゃんに感謝と優しさを伝えます。ある意味でアイちゃんの子育てはレジーナのリベンジマッチと言えます。アイちゃんをジコチューから取り戻すことが出来たことで、ようやくマナ達はレジーナと再び相対する権利を得ました。物語は終盤。下積みは終わり。あとは走り抜けるのみ。
 「マ、ナ」
 完全復活。きゅぷらっぱ~で煙突を粉砕。ジコチューは弱体化。逃げ出そうとするイーラとマーモに電撃をお見舞いして、リングの力を解放。亜久里も変身。最大火力で撃ち合います。今度はアイちゃんの支援を受けたエースが圧倒。

 リングを回収したベールはムキムキマッチョになります。スーパーベール。お前出る番組間違えてる。タイツ姿も相当だけど、まさかこんな隠し球があったとは。最強必殺技を打ち込みます。ハートのラブリーパッド単独技使う日が来るんでしょうか。「あたたたたっ」。だからお前番組違うって。火力で押し切り。
 「やまじ…」
 中の人のアドリブなのか台本なのかわかんねーけど、どんだけ今回ベール回なんだよ。お父さんに人気ありそうだなぁ、このキャラ。リングは消滅してしまいます。ジコチュー組は撤退。


 ぐっすり眠るアイちゃん。アイちゃんの力があればキングジコチューに勝てるかもしれない。プリキュア側の切り札足り得ます。キングジコチューと相対する時が来たのかもしれないと話す亜久里。「そしたら…」。レジーナと再会の予感。


③ジコチューの結晶
 トランプ王国。呼び出されるベール達。電撃が落ちます。
 「レジーナ!」
 「レジーナ様、でしょ?」


④次回予告
 久しぶりに出てきたと思ったらすげぇ悪い顔してるぞこの人。三種の神器は誰の手に。
 グルトのCMが気合い入りすぎ。


○トピック
 ベールの人気に嫉妬。

 ということで役者と舞台が揃います。プリキュアが育てた愛の結晶たるアイちゃん。キングジコチューの元にはレジーナ。双方の陣営にキーとなる人物。映画も公開で終盤に向けて物語が開示されていきます。

[ 2013年10月27日 21:21 ] カテゴリ:ドキドキ!プリキュア | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL