六畳半のすごし方 TOP  >  よもやま話し >  そんな条約あったんだ

そんな条約あったんだ

 「タバコ規制枠組み条約
 例によって「風立ちぬ」関連で知ったんですが、これ私も条約を知らなくて「どうでもいいことにケチつけてんなー」と思ってたんですが、こういう条約があると知るとちょっと見方が変わってきます。
 具体的に何に引っかかってくるかは条約全文読んだわけでもないし解釈の仕方も分らないんでピンとこないんですが第十三条の「たばこの広告・販売促進及び後援」のあたりでしょうか。これに対する反論としては時代描写、表現の自由が出るだろうと容易に想像できます。時代描写といっても必要な演出であるか、それが過剰になってないかの配慮は当然作り手にも関わってくるとは思います。私は映画を見てないんで過不足を指摘できませんし、その妥当性を云々する気は無いです。つーか、そこはどうでもいい。

 日本って割と緩い国で、ロウきゅーぶ!みたいなアニメがあれば、ワンピースみたいに未成年が堂々とタバコ吸ってたり、パチンコ店が軒を連ねてたりするんですけど、これらは外国だったら規制されますよね(ワンピースは喫煙シーンが修正されているし、パチンコは確実に賭博扱いになる。ロウきゅーぶは児童ポルノに引っかかりそう)。この緩さが良いか悪いかはこの際脇に置くとして、国際的にはタバコは規制対象になっていて上述したような枠組みが設けられていることに日本人は疎いというのが露呈したと思うんですよね。この条約知ってる人ほとんどいないでしょ。
 ま、WHOは製薬会社との癒着が指摘されてたりするんで、国際機関がどれほど公平で正しいかは知りませんが、世界がそういう流れで動いているということは知っておいて損はない。

 全く関係ないですが、同窓会で同級生にやたら放射線を警戒するわりにずっとタバコ吸ってた人がいて思わず突っ込んだけど、そのあたりの認識が曖昧な人結構いますよね。携帯電話だって害が全くないなんて証明されてないし。安全と安心って全く違うものなんですが、混同されますよね。
[ 2013年08月15日 20:55 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL