六畳半のすごし方 TOP  >  ふたりはプリキュア >  第4話「ミラクル!?生きている美術館」

第4話「ミラクル!?生きている美術館」

○今週の出来事
①なし崩し
なぎさはなし崩し的にプリキュアへ。お約束ですが、ちょっと物足りない。でも、後で理由付けが増えるかもしれない。

②美術館へ
なぎさの絵が色んな意味で壊滅的ですが、それを押し通す企画力に賞賛。
しおりの解説まで生徒に作らせるとはなかなか手が込んでます。私だったら「ググれ」の一言。
柏田さんなぎさにリスペクトで髪型変更(旧髪型不明)。前回の予告でなぎさの作画狂ったか!?と心配したがこういう事情か。セーフ!

③美術案内
ほのかが解説しているのは素で知っているためか。
全然関係ないが、女の子が突然腹部辺りを押さえて走り出すのは妙な誤(略)
年頃の娘の前で異世界の生物とはいえラブラブイチャイチャするのは(略)っていうか、メップルは発情(略)
普通に考えて、メップルミップルがバラバラで居る必要性はあるだろうか。どちらにせよ変身するためには4人必要だ。邪悪なオーラを感知できることからバラバラに持っていた方が現場でなぎさとほのかが合流する確率は上がる。携帯電話を持っていれば話が早いだろうが無い。まあ、なぎさとほのかが居るところで事件が起こるのだからいいのか。
お約束でも美術品を壊して作り変えるのは好きです。

④時系列
ちゃんと説明してくれるところがありがたい。個人的に思考がなぎさ寄りだ。ほのかの公式が素でわからん(真偽もわからん)。
この時間差が生じているのは何か他の伏線にもなるのだろうか。

⑤ピーサード侵入
数的有利。流石に絵から飛び出すのはほのかでも驚くらしい。
変身シーンがフルバージョン。やはり良い。別にいやらしい(裸が見れる)意味は無い。ショートカットもありだが、個人的に変身シーンはロボの合体同様燃え場なのでフルでやってくれる方が良い。
地形適応能力。身体能力が特化しても水中では不向きですか。「ありえない」言いすぎ。
ピーサードは普通に石像を人質にすればいいような。プリズムストーンとの取引に使えると思うが。それをしなかったのは実力でカタを付けられる自信があったからか。矜持もいたく傷つけられていたみたいだし。
地形効果と格闘力。目で見るんじゃない!感じるんだ!燃えだ!格闘戦をもうちっとやって欲しかったが、この序盤でこういうシチュエーションを使うなんてステキだ。
壊した物の修理はどのように行うのだろう・・・掃除機も直っていたし。マーブルスクリューで壊した物は修復可能?

⑥後日談
「ピッカリーニが柏田を守った」ピーサードの不振気な行動はこのためか。髪型といい時系列説明といい上手く話しをくっ付ける。
ああいうオチも当然好きです(小指どこに行った?)。


○トピック
次回楽しみですよ!!!本番ですよ!
すれ違いイベント発生。これです。こういうイベントが無きゃ意味がありません。
すれ違い、葛藤、想い、友情、自己と他者、このためのプリキュア(過大に期待し過ぎ)。
[ 2013年05月21日 07:50 ] カテゴリ:ふたりはプリキュア | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL