六畳半のすごし方 TOP  >  スマイルプリキュア! >  第13話「修学旅行!みゆき、京都でどん底ハッピー!?」

第13話「修学旅行!みゆき、京都でどん底ハッピー!?」

○今週の出来事
①起き上がり小坊師

 修学旅行当日。みゆきの気分は最高潮。あまりにテンションが高いので落ち着いてとれいかがいさめます。なおがポッキーで気を引きます。みゆきも自分のお菓子を取り出そうとするとすでに中身は空。キャンディが満腹の様子で寝ています。ジト目で見つめつつもみゆきはすぐに機嫌を直してニッコリ。
 「何故かって? それは私がウルトラハッピーだからです。そして何故ウルトラハッピーかと言えば、これからすっごく素敵な旅が始まるからで~す!
 「星空さん、車内で騒がない」
 「はい
 今にして思えば、先生も大凶だったんじゃないかと思う。

 京都駅に到着。懐かしい。個人的な旅行で京都に行ったことがあるので有名どころは大体把握しています。今回作中で行っているところも祇園以外なら行きました。
 京都タワーを見て通天閣だと言うみゆきにツッコミを入れるれいか。あかねが失業してしまうので人の仕事を取るのはやめてあげてください。先生から遊びに来たわけではないとお約束的な訓辞を受けて出発。

 金閣寺。正式名称は鹿苑寺。いくらかかったんだろう?と言うあかねに20万枚の金箔、7億円以上かかったとれいかは即答。たぶん金箔の値段よりも人件費の方が高いだろうけどね。どんだけ予習してきたの?と呆れるなおにれいかは楽しみでしたから…と照れながら言います。お茶目さんです。れいかなりの気合いの入れ方なのでしょう。
 池を覗くと鯉が泳いでいます。「ほんとクル?」。いつの間にかキャンディがみゆきの頭の上に居ます。巻き戻し。ちっ、池にスカートの中が映り込んでなかったか。
 バスの中で一人お留守番は嫌だと言うキャンディ。たしかにそれでは来た意味が無い。かといってみんなに見られる可能性が高まるのも厄介。キャンディを捕まえようとしますが、巧みにかわされてしまいます。身体柔らかい。角度的にやよいの位置からみゆきのスカートの中が見えそうです。
 勢い余って池にダイビング。集合写真はみゆき一人体操服という惨憺たる結果に。

 一人涙目なみゆき。しかしおみくじを見つけるとすぐに元気を取り戻して引きに行きます。立ち直り早ぇ。
 やよいとれいかは大吉。なおは中吉。あかねは末吉を引いて良いのか悪いのかと疑問を言います。微妙だよね。リアクションに困るし。「あー、うーん、良かったんじゃない?」みたいな。みゆきは「大凶~」。なんだそのナレーション。
 魚眼レンズ的な構図で固まるみゆき。やよい達も唖然とします。見まごう事なき大凶。初めて見たと言うれいか。私も見たことがない。むしろレアものを当てたと思えば大吉よりも価値が高いと言えないだろうか。足下、持ち物、食べ物注意と書かれています。
 新幹線で怒られ、池に落ちてまさに大凶。当たっています。それはそうと下からのアングルが素敵です。もう少し低いとれいかやなおのスカートが良い感じになります。さっきからスカートしか見てねぇな、俺。
 逆に凄い、今が一番悪いんだからこれから良くなると必死にフォローするあかねとなおに「そ、そうだよね…」と肯くみゆき。相変わらずの魚眼構図。女児向け美少女ヒロインの面影はありません。
 ポト。鳥のフンがみゆきの頭に落ちます。もうなんだ、君は今日休みたまえ。じゃないとキャライメージがどんどん落ちてくから。


 嵐山。渡月橋。全長は154m。もはや歩くガイドブックのれいか。
 みんなで写真を撮ろうと提案するみゆき。お婆ちゃんに撮って貰います。今更ですがやよい小さい。れいかと頭一つ違うって、えりかとどっこいくらい?
 映りを確認するとみゆきが切れています。再チャレンジ。今度はブレています。その後も失敗が続きカメラの電池が切れて終了。最後に撮れていた目をつぶってしまっている写真は一部の層に需要がありそうです。お嬢さん、その写真言い値で買おう。

 お土産屋。可愛いもの好きなあかねとなおは可愛い置物に浮かれます。母へのお土産に人形を選ぶみゆき。その隣でれいかは模造刀に手を伸ばしています。OPのアレのフラグでしょうか。是非使う際は「往生せいやー!」のかけ声でお願いします。親が任侠もの好きとかそういう設定ないんですかね?
 店員を呼ぶと、振り返った拍子に人形を倒してしまいドミノ倒し的にみゆきの頭に大きな人形が当たります。いやいや、それはないわー。

 抹茶ソフトをご賞味。早速食べようとしたみゆきの腰に子どもがぶつかってしまい顔面でソフトクリームをキャッチするはめに。流石顔面ブロックに定評があるみゆき。食べ物注意的中。全くどうでもいいですが、ベンチに腰掛けているれいか達のスカートの角度が絶妙です。やよい見えそう。これはDVD版に期待です(そういうアニメじゃねえから、これ)。

 竹林の道。嵯峨野でしょうか。人力車とかあったような気がします。
 かぐや姫を連想したキャンディは竹に登るとみゆきにお菓子をもってこいと言います。お菓子は食べたじゃないとむくれるみゆき。かぐや姫はそういう話しじゃない、と手をバタバタさせて抗議します。するとうっかり持っていた紙袋を手放してしまいます。
 恐る恐る中をあけて手に取ると…パシッといい音を立てて髪が割れて丸坊主に。まあ、なんだこけしだと思えばいいんじゃないかな。


 夜。夕食、お風呂を済ませて部屋で髪を乾かすれいか。色っぽい。みゆきは制服にドライヤーをかけています。池の水冷たかったでしたと少し落込んでいます。やよいは母に買った櫛を見ながら気に入ってくれるといいなと言います。こけしを見つめながらお母さん怒らないといいなとションボリするみゆき。改めて散々な一日です。
 そこに枕が飛びます。ため息なんかついてたらハッピーが逃げるとあかね。セリフを取られました。なおもそういうこと、と枕を持っています。髪を下ろしている姿は貴重。元気を取り戻したみゆきは枕を投げ返します。回避。やよいに直撃。やよいも参戦。飛び交う枕を見ながらはしたないことは…と止めようとするれいかにも直撃。れいかも臨戦態勢。やる気です。俺、れいかさんのはしたない姿が見たいです。
 みゆきが投げた枕がポットに当たってしまいます。なおが蹴り上げます。痛そう。あかねもバレーの要領でアシスト。みゆきがキャッチ。そこに先生がやってきて、ザブン。先生としても車内で騒ぐわ、池に落ちる生徒はいるわ、お茶はかぶるわ散々な日です。

 説教が終わり就寝時間。れいかは寝るときポニーテールにしているようです。謝るみゆき。みゆきちゃんのせいじゃないとフォローするやよい。ちゃっかりみゆきの隣をキープしているあたりが流石です。罰として告白タイム、好きな人を述べよ、とあかねが話しを振ります。来ましたガールズトーク。
 真っ赤になるみゆきに一同は驚きます。この反応ということは好きな人がいるのか。みんなも知っている人。太陽マンか!いや、それはやよいか。身近な候補として豊島。誰だ。入江会長。モテそうだ。宗本。れいかさんのフォローに俺が泣いた。
 ヒントヒント、とみゆきに訊くやよい。この絵面だけ見るとやよいがみゆきに迫っているようにしか見えない。
 とっても身が軽くて、永遠の少年。ん?もしや…。「ピーターパン」。二次元に生きてんな。
 くねくねして照れるみゆきとは対照的に4人のテンションはだだ下がり。呆然としています。どうやら色恋沙汰は早すぎたようです。先生から早く寝なさいと叱責が飛びます。急いで布団に隠れるみゆき達。先生が出て行くと、れいか達から励ましの声がかけられます。顔は見えなくても彼女達の気遣いを感じるみゆき。

 バッドエンド国。アカオーニはお伽噺に出てくる鬼を見て歓喜します。ちょうどテレビに京都の風景が映ります。「そうだ、京都行こうオニ」。お前は観光会社の回し者か。


 2日目。天気もよく気分も晴れやか。
 清水寺。首を傾げるなおとあかね。清水の舞台は傾いていることに気付きます。そうだっけ? 行ったことあるけど憶えてないなぁ。「こけたら転げ落ちそうやな」「あっ」後ろで倒れて転がる音が聞えてきます。みゆきが転がっていきます。身を張ったギャグかよ。なおが身を張ってフォロー。あの位置関係で追いつくなんて凄い超反応。その後も排水溝に落ちるわ、犬に追いかけられるわ、土産ものの下敷きになるわで散々な目に遭うみゆき。大凶は続いています。
 お祓いでも頼む?と心配する声にみゆきは元気に答えます。これはこれで凄い。普通だったらやる気が削がれて投げやりになるんだが。昨日のように落込んではいないようだと安心するれいか。なんでだろうと訝るやよい。

 祇園。舞子さんを楽しみにしていたやよいは早速カメラを手に探します。この子は変身願望でもあるのか、非日常的なもの憧れているように見える。よく知らないけど、舞子さん体験が出来る貸衣装屋みたいなのもあると思うから居たとしても素人さんだったりするかもしれないけどね。映画村行ったら貸衣装やってて友人と着てたら他の観光客に写真を頼まれたことがあります。あと外国人に「クレイジー」って言われたのは良い想い出です。
 口紅デコルを使ってお色直し。舞子というか、キモイ何か的なキャンディ。気持ちだけ貰っておくね。さすがのやよいも遠慮します。これがれいかだったら形だけ写真撮って後でデータ消してます。
 舞妓さんは偶然に頼るしかなさそうです。運が良くないとダメ。みゆきは自分のせいでみんなも会えないのではないかと言います。考えすぎだよと答えるやよい。しかし負い目があるみゆきは疑念を払拭しきれません。

 京都に出没したアカオーニはさっそく生徒達の観光スポットに。しかしそろそろ時間なのでバッドエナジー回収。
 みゆき達が駆けつけます。「俺様は京都でこそ輝く男オニ」。意味が分からないが何故か格好良く聞えるのが悔しい。
 運が悪かったな、と言われてたじろぐみゆき。キャンディが頭を出した拍子に一枚の紙がアカオーニのところに飛んでいきます。大凶のおみくじ。まだ持ってたのね。プリキュアが大凶、と笑い転げるアカオーニに5人も返す言葉が見つかりません。
 おみくじに青っぱなを憑依させます。変身。

  アカンベェは右手のおみくじからロケット型くじを発射します。回避するマーチ。すると跳弾したロケットがハッピーに命中。もうあれだ、呪われてるよ。
 今度は棍のようにしたくじをピースに振り下ろします。割れて破片がハッピーに命中。もうあれだ、マーチとピースはグルだろ。
 サニーがファイヤーで攻撃。まるで成長していない。前回あれだけ手こずったことを忘れてやがる。当然攻撃は無効。「やはり青い鼻のアカンベェには技が効かないんです」とビューティさんが冷静に分析。ここだけ見るとサニーは情報収集のための捨て石みたい。
 ならばレインボーヒーリング。ハッピーはパクトを取り出します。アカンベェが地響きを立てるとうっかり川に落としてしまいます。ガーン。これは酷い。もうハッピーは敵と内通していると疑われても仕方がないレベル。「どんだけ大凶なの」。ハッピーは川に広いに飛び込みます。
 その間にも仲間は大ピンチ。青っぱなは赤に比べて戦闘力が劣るからとりあえず肉弾攻撃で動きを封じればいいんじゃない?というツッコミはしてはいけないんだろうなぁ。
 バカな連中だ、大凶の奴と一緒だから巻き添えを食うと笑うアカオーニ。はい、今週の纏め入りました。

 トドメをさそうと鉄球を振り下ろすアカンベェをハッピーが止めます。みんなに謝るハッピー。
 「私、みんなが一緒に居てくれるから大凶でも楽しかったし頑張れた。でも、一緒に居たせいでみんなまで大凶に巻き込んじゃった。こんなことなら…
 この子は凄い。今までの主人公達とはまた違う性質を持っている。後から学ぶでもなく、本質を言い当てるのでもなく、彼女は何が大切か気付いている。読み聞かせ会の時に子ども達を喜ばせることを念頭に置いていたのも、秘密基地の時に色々に経験したからこそ今の場所が素敵だと思えると言ったのも(脚本的な)偶然ではなく彼女の本質なのだろうと思う。
 「巻き込まれてなんかいないよ
 立ち上がりながらマーチが答えます。自分達もまたハッピーと一緒だから楽しい。頑張れる。この程度のピンチ大凶ではありません、とビューティも言葉を続けます。みんな居れば大吉。
 パクトが光って川から出てきます。5人でアカンベェの体勢を崩します。キャンディはデコルを召喚。あ、これ毎回出すんだ。ヒーリングで浄化します。


 改めてみゆきはみんなにお礼を言います。するとなおは笑い出します。清水寺で転ぶ話しをしたとたんに転んだと言います。れいかも池に落ちたときに鯉が飛び上がっていた、あかねはジャージで集合写真、ソフトクリームが顔にペチャってとやよい。あのソフトクリームが抹茶じゃなくてバニ……おっと誰か来たようだ。
 4人はみゆきを笑います。笑われたみゆきもそれだけ運が悪いとかえって笑うよね、と笑います。
 舞妓さん発見。大凶なのにと言うみゆきにれいかは笑う門には福来たると答えます。いつもみゆきちゃんが言っていることじゃないとなお。黄色は話しを全く訊いていません。
 みんなで舞子さんと記念写真。


②次回予告
 大阪。黄色自重しろ。


○トピック
 修学旅行前編。普段にも増してツッコミ(セクハラともいう)どころが多くて私の体力が持たない。

 初日の夜に落ち込みはするものの終始元気に楽しく過ごしているみゆきは天晴れ。途中で自暴自棄になってしまっていたらきっと一緒に居たあかね達もつまらない気分になったでしょう。みゆきがあかね達に感謝したように、あかね達もみゆきが居たからこそ楽しい時を過ごせたと明言しているのは真っ直ぐで分かりやすい。良き友人に勝る旅の道連れはない。

 前回の感想でも述べたようにスマイルのエピソードは悪いこと、劣っていることを問題にしません。その中で受け入れ楽しむことが志向されている。ピンチをチャンスに、バッドをハッピーに。みゆきの不運が本人も含めてみんなの笑いに、良い想い出に変化しているのは本作、そしてプリキュアシリーズに通念する大事なメッセージです。幸運か不幸か、楽しいかつまらないか、それを決めるのは自分の心の持ち方です。もちろん全てが最初から快い出来事でもないし、嫌な想い出のままで終わることもあります。しかしそれにめげることなく起き上がり小坊師のように明るく快活さを失わないみゆきの態度にその答えがあるでしょう。

 リアルタイムではゴールデンウィークが始まっています。家族で旅行に行ったり、友達と遊びに出かけることも多いでしょう。みゆきのように常に溌剌として、そして良き友人が居ればきっとハッピーという素敵なエピソード。
 まっ、私は一人旅ですけどね(色々と台無しだー)。


 おもしろきこともなき世をおもしろく。すみなしものは心なりけり。
[ 2013年05月22日 21:23 ] カテゴリ:スマイルプリキュア! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL