六畳半のすごし方 TOP  >  スイートプリキュア♪ >  第27話「カチッカチッ!30分で世界を救うニャ!」

第27話「カチッカチッ!30分で世界を救うニャ!」

○今週の出来事
①スタートは8時半

 響の眼前に広がる巨大なお菓子。スイーツの国。夢が叶った!とお菓子を食べまくります。この国の公用語は関西弁だったりするのでしょうか。前回同様謎の声が響に語りかけます。響…響…響…寝ている響を起こす父の声。
 今日はみんなでハイキング。そのことに気付いた響は時計を見て仰天。集合は9時。現在8時半。慌てて飛び起きると身支度を始めます。

 南野宅では奏がお菓子作り。って、デカっ!業務用のボール!?何人前作る気? オーブンに入れて30分焼きます。時間ピッタリ。「我ながら完璧♪」。焼き上がった後も箱に入れたりとかあるからオーバーするんじゃない?
 今回所々にカウントダウンの演出が入ります。これはオーブンのタイマーと同期しています。

 DSゲームのCM。先行して公式PVを見ていましたが見所はリズムがドラムを担当しているところ。出オチ感がハンパねぇ。


 山の上に設置された巨大アンテナ。休日の朝からバリトンさんは仕事する気満々です。

 音符も集まり上機嫌なメフィスト。バスドラは出来て当然、これまでのリーダーがお間抜けなだけだったと嫌味を言います。30分以内に世界を不幸の音楽に包むと宣言。


②カウントダウン
 調べの館。ハミィがセイレーンの部屋を訪れると完全装備したセイレーンが立っています。それ熱中症で倒れるよ、というツッコミを入れる前にハミィがズッコケます。調べの館ってどういう構造なのか分からないけど宿泊できる場所があるのね、とかそういうこと言う前に出オチで来るの止めて下さい。
 音吉さんの本で調べたと話すセイレーン。ハイキングとは野山を歩き回ること→登山の一種→野宿→テント→自炊→お鍋…と連想を広げていきます。いや、登山する人はすき焼きみたいなことはしないと思うよ。重量かさむし。
 ハイキングはもっとお手軽に楽しむもの、大げさな荷物はいらないと至極真っ当に指摘するハミィ。この荷物もどっから持ってきたんだか。音吉さんの私物でしょうか。時計を見ると8時35分。セイレーン組も一波乱。

 一方、響は朝食。お茶漬けをあっと言う間に平らげてお片付け、歯磨き、身繕い、お着替え。準備完了で8時40分。10分前に起きたことを考えれば驚異的なスピードです。前回予告どおりの進行。流石あたし、と鼻を高くする響。いやそれ以前に寝坊してるから君。ハミィが見あたりません。奏の家に先に行ったのかもと考えて響も向かいます。


 トリオは謎の乗り物に乗って移動。これもパワーアップの恩恵でしょうか。散々嫌味を言われたバスドラは作戦は考えてあるんだろうな?とバリトンに聞きます。当然、とラジオを見せながら「名付けてトロイの木馬作戦」と自信に満ちた態度で言うバリトン。ラジオとトロイの木馬?
 天文台に向かう途中で音符を回収。その様子をセイレーンが発見。見逃すわけにはいきません。

 奏の家にハミィはまだ来ていないようです。肩を落とす響。しかし私はテンションが上がります。奏がニーソ着用。春服とは違うタイプですが奏はニーソのイメージが強い。この子は下半身がエロい(酷い発言だ)。
 エレンを迎えに調べの館に行ったのでは?と推測。オーブンを奏太に頼んでふたりは調べの館へと向かいます。ハイキングにアコも同行するらしい。夏休みの間も奏太はアコと一緒。なんて羨ましい。
 残り15分。調べの館に行って戻るだけの時間があるんだろうか。響の家から奏の家まで5分で移動しているようなんですが、実は近所?

 セイレーンはハミィに響達に知らせてと頼み単身トリオ達を追います。
 南野宅出発後約1分で調べの館到着。早っ。近っ。加音町の位置関係ってどうなってるんだろう。
 ふたりの姿は見あたりません。響は奏にフェアリートーンにも探すのを手伝って貰おうと話します。自分達を呼ぶ声に応えようとして倒れるシリー。どうやら前回無理したらしく体力が戻っていないようです。音符を取られたこともまだ言ってないしどうしよう!?と不安になるファリー。レリーは自分達だけで取り返そう!と気丈。心配をかけないように響達の前では元気に振る舞おうとシリーが言います。この子達もこの子達で独立した話しになってるな。フェアリートーンは本編に直接関わらないところで話しに色をつけるポジションかと思ってたんだけど意外と話しが続いているし、次回も一波乱あるようだから響達と絡んでくるのかもしれない。
 響達の前に姿を現すとさっそく散開してハミィを探しに行きます。頼りになる、と感心していると響の耳またあの声が聞えてきます。「急いで…」「急がないと…」。声が聞えない奏は響の様子にポカンとします。なお、現実に幻聴が聞える場合は精神科へ行きましょう。幻聴だけでなく統合失調症や解離症状も可能性として疑われます。大ざっぱに言うと幻聴を幻聴として認識する場合は解離症状、何か意味付け(誰々の声、自分を操ろうとしている)をする場合は統合失調症が疑われますが、医師の診断を仰ぎましょう。
 ハミィが駆けつけます。フェアリートーン無駄足でした。ハミィも1分くらいで調べの館戻ってきています。全体的に移動速度速ぇ。残り約12分。現実でも8時41分。残り時間はほぼ一致しています。

 ハミィからトロイの木馬作戦のことを聞くふたり。詳細は不明ですがセイレーンが向かっていると知って応援に向かいます。


③トロイの木馬作戦
 トリオは天文台に到着。巨大アンテナを利用するつもりのようです。セイレーンが駆けつけます。何故分かったのか訪ねるバリトンに間抜けな会話が聞えた、トロイの木馬作戦だっけ?と勝ち誇ったように答えるセイレーン。ところが五線譜の結界に封じられ身動きが取れなくなってしまいます。これはちょっとお間抜け。今度はトリオ達が勝ち誇ります。結界はセイレーンも使えますが、使われると自力解除は出来ないらしい。フェアリートーンが必要です。
 ハイキング出発まで残り10分。

 ネガトーン召喚。作戦概要はこうです、アンテナから電波を出して世界中のラジオに不幸な曲を送信。世界は不幸に包まれるという算段らしい。その曲はトリオが歌うマイナーコーラス。ずいぶん手軽な世界征服の仕方です。あ、でも私ラジオ聴かないし、世界を不幸に包み込めるかというと微妙な感じが。ダムに毒いれたり、幼稚園バスを襲撃するみたいな微妙さ。とはいえこの作戦が成功するならもう音符集めなくても良いんじゃない? 音符集めて不幸のメロディ完成させてやることって要するにこれだよね。
 バリトンの作戦に「あったまいい~」とバスドラもファルセットも感心。それを聞いてますますそんなことはさせないともがくセイレーン。「まずい聞かれていた」。コントだろこれ。

 今まさに歌おうとした瞬間「ちょっと待った」コール。ねるとんを連想した人は若くないです。
 響と奏が汗だくになりながらかけつけます。毎度毎度勝手なことばかり、いい加減にしなさいと苦情を言います。なんかノリ的には世界の危機とかよりも、これからハイキングしようってときに邪魔すんなくらいの勢いです。
 フェアリートーンの力で五線譜解除。プリキュアに変身。現在8時47分。いつもどおりです。変身シークエンスに脚部シーン追加。この足を揃えるシーン好きです。キュート。今頃言うのもなんですがドレミファソラ、と鳴った後の飛び降りるシーンをよく見るとメロディのヘソが一瞬ですが書き込まれているコマがあります。きっと作画の人の趣味です。個人的にはメロディが足を曲げて万歳しているのが可愛い。特に太ももと太ももの間に隙間が出来ているのがポイント。コケテッシュ。コマ送り推奨シーンです。

 などと書き手の変態ぶりをアピールしている間に戦闘が始まっています。攻撃を回避して跳躍したプリキュアは反動を利用して反撃。しかし返り討ち。敵のパワーアップに苦戦しますが、それで弱音を吐くプリキュアではありません。
 主題歌アレンジBGMがかかります。ビートはソニックを使って反撃。そのままミュージックロンド3連。久々のミラクルベルティエ召喚シーン。これの最大の見所はメロディの太ももです。さっきから太もも太ももってどんだけ言ってんだよ。でもこの感想読んでいる人の過半数は共感するだろうと思ってます。

 結局トロイの木馬の意味って何だったの?という話しですが、カッコイイから何となくという理由だったようです。スイートはギリシャ神話からの命名が多いのでトロイの木馬もそれ繋がりなのかも。


 巨大アンテナの上で朝から頑張った!とメロディ。これで終わりではありません。急いで帰ろうと話すビート。「え?」とキョトンとしているリズム可愛い。メロディとリズムはハイキングのことを忘れていたようです。急いで帰ります。

 残り40秒。ケーキもそろそろ焼き上がりそうです。奏太が待ちくたびれています。三人は屋根の上を跳んで全力ダッシュ。プリキュアのこういう使い方は珍しいですが面白い。「きっとすぐ来るわよ」とアコ到着。「悪かったわね、遅くなって」珍しく素直。
 家の前に到着。変身を解いて駆けつけます。「来た」。映画のイラストを見る限りミューズと黄色は別人ぽいので、アコがミューズという線は大分薄くなりましたがそれでもアコがプリキュア関連のことを現状でも知っている節があります。いつもなら「どーせ道草食ってるんでしょ」と言いそうですが、今回素直なのもこの辺の事情によるところでしょう。

 カップケーキも完成。それを見てアコは生唾を飲み込みます。表情もいつものクールさは見られず年相応な感じ。これは珍しい。カップケーキで大抵の人は釣れるようです。奏の両親、響の父と面子が揃います。総勢8名+ハミィ。これなら大量のカップケーキも納得。なお、このカップケーキは視聴者に公募したデザインのケーキのようです。EDのスタッフロールに採用者の名前が出ています。

 30分で世界を救った彼女達は何事もなかったようにハイキングに出かけます。でも、カップケーキの減りは早いかもしれません。


④次回予告
 新学期の巻。


○トピック
 夏休み最後の回。海に行ったり祭りをやったり音符探して世界を救ってハイキングと盛りだくさんな夏休みでした。お出かけする時でもプリキュアを見てね、という作り手の意思表示が見えなくもない。

 イベント前にドタバタする展開は新鮮。まさに子ども向けらしいエピソード。たった30分ですがそこには色んな事がギッシリ詰まっている。子どもにとっての30分、アニメの30分は長い冒険です。その後でみんなでお出かけしようというのも気持ちのいい流れです。休日の始まりを想起させます。プリキュアにとっては世界を救うことよりも、こうした日常の豊かさ、楽しさ、充実を得ていくことの方が重要です。そのために戦っています。
[ 2013年05月22日 19:25 ] カテゴリ:スイートプリキュア♪ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL