六畳半のすごし方 TOP  >  ハートキャッチプリキュア! >  第29話「夏、ラストスパート!私のドレスできました!!」

第29話「夏、ラストスパート!私のドレスできました!!」

○今週の出来事
①自転車の旅

 夏の日差しに照らされながら坂道を自転車で登る少年。足を止めて視線を伸ばすと富士山がそこにあります。同じように自転車で走っていた人から声をかけられます。東海道を経て東京まで行くと答える少年を頑張れよと応援。少年は再び歩を進めます。

 学校。つぼみは独りチクチク…と縫い物。机にはデザイン画。えりかが声をかけます。顔を近づけすぎると縫うところを間違えると助言。案の定間違えていました。この娘はあまり器用じゃないかもしれない。
 いつきもやってきます。なんで学校でやっているの?との疑問に、林君が自転車でゴールするのをみんなで出迎えるですと答えるつぼみ。
 
 「?」マークのいつきに事の経緯を説明。終業式後のHRで林君は京都から東京まで自転車旅行をするとみんなに目標を言います。その言葉につぼみとえりかは素直に感心しますが、クラスの男子からは無理、マラソン大会でも途中でへばっていたと茶化されクラスから笑い声があがります。少し臆する林君。実際林君は小柄な感じのする少年でお世辞にも体力がありそうだとは思えません。
 見かねたつぼみが注意しようと控えめに発言しようとした矢先、えりかが本人がやるって言っているんだからそれでいいじゃん!と机を叩きながら言います。相変わらずストレートですが、まさとの時のような冷やかしや茶化しの態度は見られません。
 鶴崎先生もえりかの発言に賛意します。京都から東京まで500キロ。容易な距離ではありません。決して無理はするなと林君の挑戦を見守ります。絶対にやり遂げると決意を語る林君。
 私が中学生くらいの頃だったか、夏休みを利用して自転車で日本縦断とかが流行った時期がありました。今でも挑戦する人はいるんでしょうか。

 林君に触発されたつぼみは自分の服を一人で作ると目標を立てて挑んでいるようです。つぼみはふと思いついて同じ生地で林君へのメダルを作ると言います。なに…? つぼみお手製のメダル…だと? ちょっくら会社に有給の申請してきます。


 林君を出迎えようと外で待機するクラスメイト。何とか間に合ったとメダルを手に持つつぼみ。急造品にしては悪くありませんが、メダルかと言えば疑問符がつくかもしれない。どちらかというと、針を刺す玉っぽい。えりか「メダル…だよね?」 つぼみは一仕事終えた充実感を味わっています。
  林君の姿が見えてきます。級友達が持つゴールテープを破ってゴール。みんなから歓声が上がります。かなえは写真を撮りまくります。終業式に茶化していた男子達も口をそろえてすげぇ、と林君を見直します。しかし林君は喜びや達成感を見せるかと思いきや陰りのある表情。これは不正の臭いがしますな。
 つぼみは林君で達成記念としてお手製のメダルを渡します。不正だろうと構わない。つぼみが作った、つぼみの手垢や臭いがついたメダルが欲しいです(変態だな)。
 メダル(らしきもの)を見つめる林君にえりかがメダルだよ、と補足。やや気後れしながらお礼を言う林君。メダルの出来に気後れしているわけではありません。
 かなえが旅行中の写真を見せてとせがみます。


②林ゆうき
 机に写真を並べて写った場所の説明をする林君。級友達もこぞって写真を眺めたり、質問します。林君も先ほどまでの気後れを見せることなく嬉々として思い出を語ります。その様子を遠巻きにうれしそうに見る鶴崎先生。終業式にみんなに冷やかされていた少年はすっかり人気者。先生としても生徒の努力とその結果に満足でしょう。
 ホントすげぇな、と心底感心する級友の声に林君は後ろめたさを感じます。先生から夏休みの目標達成できたなと褒められて、当然ですよと返す林君。それを聞いてつぼみは自分の目標を思い出すとみんなに断って引っ込みます。この娘は地味なんだろうけど妙にキャラのある子という感じでクラスで認知されてそう。えりかもとしこ達に声をかけて部に戻ります。
 林君はつぼみから貰ったメダルに不安げな視線を向けます。膝の傷に気づいた先生の声に気づかない様子でメダルを見つめる林少年。

 保健室で手当。先生は改めて無事帰ってきたことを安心します。楽勝でしたよと軽口を叩く林君。そこにつぼみとえりかがやってきます。つぼみが針で指を刺してしまったようです。む、それはいかんな。傷口をな…いや、えりかがすでにやっているか。
 林君の膝に気づくつぼみ。彼女も改めて林君を褒めます。自分も目標を頑張ると言います。自分のデザインした服を自分で作り上げる。あと少しが上手くいかないと話す彼女に林君は来海さんに手伝って貰えばいいと言います。しかしつぼみは自分が決めた目標は自分で最後までやることだと答えます。メダルを握りしめる林君。つぼみはそのメダルは服と同じ生地で作ったもので頑張った林君に何かあげたかったと言います。旅の記憶がフラッシュバック。

 林君がファッション部の教室を通りかかった時に、つぼみの声が聞こえてきます。また失敗したようです。えりかは確かにそこは難しい、そこだけ手伝おうか?と助け船を出します。つぼみはえりかの好意に感謝しつつ自分で最後までやると答えます。そんなつぼみをみんなで暖かく見守ろう!とえりか。みんなでつぼみを見つめます。やり辛ぇ。しかしそれにしてもファッション部の女の子のレベル高ぇ。可愛い。
 その様子を見てまた林君はフラッシュバック。長い坂道。気合いを入れて登りますが車に煽られて車道を外れてしまいます。転んで膝を擦りむいてしまいます。夏の日差しを避けて木陰で休憩。喉を潤そうと水筒に手を伸ばしますが中身は空っぽ。いらだって地面を打ち付けます。上手くいかないときは割と重なる(そういう印象が残りやすい)。

 苦々しい記憶に表情が歪む林君。つぼみが声をかけます。林君はつぼみの顔とメダルを交互に見ると首にかけたメダルを外してつぼみに返そうとします。つぼみが戸惑っているとえりかといつきもやってきて、いつきは林君に全校集会でスピーチをしてくれないかと依頼します。スピーチなんて出来ないと断った林君はごめんと言い残してつぼみにメダルを返すと逃げるように走り去っていきます。
 えりかはこのメダルがよっぽど気に入らなかったとか?と茶化すように言います。楽しそう。きっと困っているつぼみを見て内心で大喜びしているに違いない。でも主導権を握っているのはつぼみ。

 砂漠の使徒。赤々と燃える火の前でクモジャキーはまたふんどし一丁で座っています。最近この人のユニフォームなんじゃないかと思えてきた。心頭滅却すれば火もまた涼しいと訳の分からないことをしています。こたつに入って鍋焼きうどんでも食べたらいいんじゃないかな。スナッキー達もふんどし姿で暑さにへばっています。上司に恵まれない部下は大変です。
 気合いがあれば暑さなど屁でもない!と意気込むクモジャキー。私だったら気合い入れて仕事して、その給料でエアコン買ってくつろぐね。


 一躍人気者になった林君には取り巻きが出来ています。かなえはインタビュー。今までに一番思い出に残っているところを訪ねます。それが林君の琴線に触れます。旅の記憶。バスに乗る林少年。…自転車どうしたんだろ。
 みんなに断ると林君は逃げるように去っていきます。

 河川敷の土手でため息をつく林君。そこにクモジャキーがずいぶん辛気くさい顔をしていると良いながら現れます。あんたはずいぶん暑くさい格好してますね。早速デザトリアン化。

 苦心の末、服を完成させるつぼみ。花がいっぱいついた可愛らしい服です。もちろん一番可愛いのはつぼみです。ちなみにいくら私が眼鏡っ娘好きとはいえなんでもかんでも眼鏡をかけていれば良いというわけではありません。それはそれ、これはこれ。似合う格好というものがあります。このドレスは裸眼の方が可愛いと思います。もちろんつぼみが一番可愛いのは眼鏡かけているときです(言ったそばからそれかよ)。
 可愛い可愛い!とえりかも大絶賛。よく似合うと言ういつきに頬を染めるつぼみ。なぜそこで赤らむ。えりか!押しが足りないぞ! えりかは目をきらきらさせてつぼみを見ます。
 えりかに促されてつぼみはくるくる回ります。おおっ! カメラさん下! ロー! 仰角! 傾けるの遅いよ!なにやってんの!
 最後まで一人でよく頑張った!とつぼみを褒めるえりかに、つぼみは一人だけど一人じゃないと言います。えりかといつきがずっと応援してくれたと答えます。

 デザトリアンの声。


③勇気
 いつもどおり手早く水晶を回収するシプレ達。変身です。
 土手を駆け下りながらブロッサムとマリンが先制攻撃。スピーディ。しかしデザトリアンも手強く反撃を受けます。ここでカミングアウトタイム。途中で自転車を降りてバスに乗ったと白状。みんなから凄いって思われたかったと言います。メダルを返してきた理由を知るブロッサム。
 サンシャインのアピールタイム。登場して一ヶ月を過ぎますが依然として強キャラ扱い。一人でデザトリアンを相手します。プリキュアにも格差社会の兆しが見えます。去年一人追加武器の供給が遅れた青い人とかいましたが。
 ゴールドフォルテバーストで足止め。デザトリアンは自分が嘘でごまかすダメな奴だと苦しみます。クモジャキーは自分のことをダメという奴は気合いの足りない弱虫、情けないと切って捨てます。それは一理ある。自分の価値を貶めるだけでそこから這い上がろうとしないのでは自分はダメな奴だと言い訳して現状維持を図っているに過ぎない。
 本当にダメなら嘘をついた自分に悩んだりしない! 真っ直ぐな心を持っている証拠です!と言い切るブロッサム。相変わらず真っ直ぐです。ピンクフォルテウェイブで浄化。最近合体技を使ってないですね。
 クモジャキーはブロッサムに気合いが入っていたと褒めて撤退。最近どんどん一方的にライバル視し始めているような。


 意識を取り戻す林君。つぼみの格好の気づきます。照れるつぼみ。林君はすごい明るい服だね、と感想を漏らします。失言だと思ったのかもっと大人しいイメージだったから…と慌てて付け足します。
 つぼみは穏やかな表情で林君に言います。
 「私、クラスでも意見を言うのも苦手なくらいずっと引っ込み思案な性格で。でも新しい自分になれる服を着たいって、そう思って作ったんです
 
 新しい自分。それを聞いて林君はそんな服が欲しいと言います。芝生の上についた手に力が入ります。変身願望っていうのはそういうことが根っこにあったりするのかもしれない。
 つぼみは林君には自転車があるじゃないですかと彼の自転車を示します。彼が自分を変えようとした手段、自分の願いを仮託するモノ。林君は立ち上がって決意を込めて学校に戻ってみんなにちゃんと言いたいと言います。その言葉につぼみ達は表情を綻ばせます。


 学校に集合。みんなの前に立つ林君。さすがに気落ちしているのか先ほどまでの意思の強さは見えません。つぼみとえりかが心配そうに見ます。っていうかつぼみその格好のままですか(ちなみに後述するように意味合い的には正しい)。
 「僕は嘘をついていたんだ。ぼ、僕はほんとは箱根の坂道を越えられなくて途中でバスに乗ったんだ。ずっと自転車で来た訳じゃないのに嘘をついてごめん
 級友達は告白に一様に驚き、落胆の声があがります。鶴崎先生は京都から箱根までだって十分凄いことだぞとフォローします。目標は達成できずとも、やっていること自体は普通からすれば凄い。こういうのは印象的な割引がされるので最初に大きな目標をあげるとその分の割引感も大きい。
 みんなに嘘をついてしまったと悔いやむ林君。これは最早目標がどうのという話ではなく、みんなの信頼を裏切ったこと、欺いて自分を良く見せようとしたことの自責の念の問題です。
 つぼみが林君とみんなの間に割って入ります。自分の意思を奮い立たせながら、しっかりと彼女は自分の言葉をみんなに伝えます。
 「林君は凄いんです。みんなにちゃんと嘘だったって話せる勇気があって
 自己への告発を他者に言うのは非常に難しく苦しい。それは心が引きちぎれるような、ナイフで滅多刺しにされるような苦痛を味わう。だから大抵の人は言い訳をしてその苦痛を和らげるか告発自体を取り下げる。みんな自分に感心しているし、嘘だったと言って誰が得をするのか、現に自分は箱根まで行ったんだからいいじゃないか、と。
 必死に自分の言葉を伝えようとするつぼみをえりかは見守ります。このシーン凄く好きだ。フレッシュの時もそうなんだけど、せつなと一緒に食事をしたときに彼女が笑った姿をラブはとても優しい目で見ていました。他者の視線、自分の変化や頑張りが理解されていること、またそれを見る人にも良い変化を与えていることが分かるシーンです。つぼみにとってのえりか、えりかにとってのつぼみがそこに在る。プリキュアのこういう演出大好きだ。
 
 つぼみは改めて林君にメダルを渡します。林君はもう一度箱根の坂に挑戦すると宣言します。嘘をついたことを悔やむなら、嘘じゃなくなればいい。
 菜の花の花言葉は「元気いっぱい」


 箱根の坂道に再びやってくる林君。孤独な挑戦です。しかし鞄にはつぼみがくれたメダル。一人だけど一人ではない旅が始まります。


④次回予告
 恒例の家出騒動。


○トピック
 夏休みの宿題その2。林君はつぼみに惚れるんじゃないかと思うのだが、つぼみも罪作りな女の子です。

 前回が夏休みの宿題を先延ばしにして逃げようとする子ども達の姿なら、今回は自分で目標を立てて挑む子どもの姿が描かれています。自分で目標を立ててそれに挑むこと自体は立派なことだけど、挫けそうになることがあるし、実際挫けることもある。前回は少々ギャグ調で描かれたエピソードでしたが今回があることで勉強や努力に対する視線が立体的になっていて綺麗な構成です。

 学ぶ楽しさをつぼみ達の応援によって知るえりかと、衣装作りをえりか達の応援によって達成するつぼみのコントラストが綺麗。えりかにとってのつぼみ、つぼみにとってのえりか、その相互性、相関性が多彩な形で出ている。

 つぼみが持っているテーマである「自分を変える」が一つの形を成して提示されています。自分を変える衣装を自分で作る。服に自分の期待が仮託されていて、自分を変える(=外見を変える)ことが自分で変える(=内面を変える)こととイコールになっています。
 つぼみが自分で作った衣装姿で林君の弁護をするのはその意味で正しい。あの姿は彼女が変わろうとしている姿で、同時に内面的にもその変化が起きている。そしてそれ以上に重要で示唆されているのが、そのつぼみをえりかがしっかりと見ていることです(前回のラストでもえりかの勉強様子をつぼみは見ている)。
 今のつぼみは確実にえりかの影響を受けているし、そんなつぼみを見てえりかも影響を受けている。林君に触発されてつぼみは服作りへの意思を強めたし、林君もつぼみのメダルに勇気づけられている。
 人の応援を受けると頑張れるという話ではあるんですが、もっと深く人が人に関わる中での変化、影響を受けていく姿が両者の視点で描かれています。ハートキャッチの物語はゲストをメインエピソードにしてつぼみ達が傍観する形なんですが、少しずつそうした事柄が彼女達の意思や思考に変化を与えています。彼女達は様々な人々からいろんなモノを学びながら、他者にも伝えていっている。

 「自分を変える」というといかにも自分が自分で、とイメージしがちなんですがその実態はいろんな経験と出会いによって影響して、与え、与えられていくことなんですね。その中で挫けそうになることもあるし勇気付けられることもある。それをハートキャッチでは相互的に、視点と対象を変えながらその構造を描いている。物語を俯瞰して見た場合、この物語はつぼみ(えりか)の物語であると同時に、人々が住む世界の様相(主に人間関係)を映しています。
 ってな感じで毎度毎度同じことしか言わないんですが、そこに人間の苦しみと喜びがあることをもう少し詰めて考えてみたいと思っています。この物語を通じて人間を知り、それを実生活に広げていく。それが私の目標と言えます。
[ 2013年05月22日 13:21 ] カテゴリ:ハートキャッチプリキュア! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL