六畳半のすごし方 TOP  >  フレッシュプリキュア! >  第2話「つみたてフレッシュ!キュアベリー誕生!!」

第2話「つみたてフレッシュ!キュアベリー誕生!!」

○今週の出来事
①一日の始まり

 早朝ジョギングの美希。商店街もまだ活気づいてはいません。豆腐屋のおじさんが美希に挨拶をします。返事をする美希。美希のジョギングは日課のようです。
 朝の6時。ジョギングは終了。私はまだ布団の中です。


 家に戻った美希は汗を流すためにシャワーを浴びます。シャワーを浴びます。何となく2回言いました。折角なのでもう1回、シャワーを浴びています。
 朝食を摂る美希。母親が起きてきます。どうやら自分で作ったようです。食事の量が多いので太ると言う母に、美希は朝はしっかりとって昼と夜はあっさりの方が健康にもダイエットにも良いと言います。
 食事はみんなで好き嫌いせずしかも大量に食べるという前作とは違って現実的な食事方針です。個人的に一番驚いたのは母親を「ママ」と呼んだことです。実はプリキュアシリーズでの親の呼び方は「お父さん」「お母さん」で統一されていました。おそらく意図的に統一していたのだろうと思っていましたが、今作では変えたようです。どうでもいいことですが個人的に「お父さん」「お母さん」の呼び方はなんとなく好きです。綺麗な日本語ベスト10に選ぶくらい好きです。なんとなく。
 娘に自分の分は?と訪ねる母。「ない」 自立心の強い娘です。

 食後、自室で髪型を整える美希。さりげに新商品らしき化粧品(香水)が置いてあります。服装も決まります。
 「わたし、完璧


 前回の戦い、の夢を見るラブ。勢いに乗って寝ぼけながら起きます。目の前には見慣れないフェレット。おはようさん、と日本語で挨拶してくれます。ついでに椅子にぬいぐるみのような不思議生物が座ってサイコキネシスなのかラブの私物をふわふわ浮かせながら遊んでいます。
 自分はまだ寝ていると判断するラブ。賢明な判断です。しかし現実はそんなに甘くありません。フェレットが関西弁でよ~寝とりましたな~と声をかけてきます。驚きながらそれらにツッコミを入れるラブ。
 フェレットが説明をする、と聞いて正座して聞くラブ。順応力が高いです。フェレットの名前はタルト。スウィーツ王国から来たそうです。ぬいぐるみに見えたのはシフォン。シフォンは寝ています。ラブも自己紹介します。
 神妙な面持ちでパラレルワールドを知っているか?と訪ねるタルト。パラソルワールド?と答えるラブ。そう見渡す限り傘がたくさん・・・と話に乗るタルト。スウィーツ王国も日本的なギャグに対応しているようです。
 平行世界、その中に管理国家ラビリンスがあり、総統メビウスが全世界を征服しようと目論んでいる。阻止できるのは伝説の戦士プリキュア。タルトとシフォンはプリキュアを探す使命を受けたと言います。しかし寝ているラブ。朝早いしね。
 と、ノックの音。母親が入ってきます。慌ててタルト達を外に出すラブ。外出する用事があったのを思い出すラブ。急いで外に出ます。前回、助けられたお礼にとミユキからダンスのコーチをしてもらえると約束していました。


②離ればなれの姉弟
 美希と祈里も誘って三人組のユニットを作ろうと考えるラブ。目の前から大型犬に引きずられたブッキーこと祈里が走ってきます。
 ラブの顔をなめまくる犬。どうやらラブに懐いているようです。動物に好かれる特性でもあるのか。

 ベンチに座って休憩。祈里の家は動物病院をやっており連れている犬も患者(というべきか?)のようです。
 早速ラブは祈里に一緒にダンスをやろうと持ちかけます。トリニティのミユキからダンスを教えてもらえることになったと話すラブ。トリニティはアイドルとして有名なのかすぐに承知して驚く祈里。美希と三人でやろうと言うラブ。美希はファッションモデルをしているのでダンスも上手いだろうと言う祈里。しかし祈里は自信がないのか無理だと言います。歌って踊れる獣医さん、有りだよと励ますラブ。職業になんら関係しない技能ですが、歌って踊れてプリキュアなブッキーは有りだと思います。それでも祈里はラブの話を断ります。
 残念に思うラブ。美希に会いに行きます。仲の良い友達のように見えますが、無理に誘うとか何が何でも三人一緒というわけではないようです。


 美容室をやっている美希の家を訪れるラブ。顔見知りなのか軽い冗談も交えた話をするラブと美希の母。美希は外出したようです。メールを打つラブ。携帯はプリキュア変身アイテム(リンクルン)になってしまいましたが、通常の携帯としての機能はあるようです。
 美希母はラブにヘアモデルを依頼します。大会があるようで、モデルが居たのですが来られなくなったので代理のようです。ドーナツをおごると言われて容易く買収されるラブ。安いなこの娘。

 プール。水着姿で泳ぐ美希。水着で泳ぐ美希。とりあえず2回言いました。ついでなのでもう1回、水着の美希。他のお客さん達の視線を浴びています。有名なのか、上手いのか、美人だからなのかたぶん全部のような気がします。一泳ぎした美希にタオルを渡す少年。前回美希とデートした少年です。それを見た男性陣は落胆の声とともに場を離れます。
 その様子を天井近くから見る謎物体(ブルー)。

 美希と少年のデートは続き、こんどはお洋服の店。いろんな服を着こなす美希。きぐるみとか着ていたら完璧なのですが、流石に自らそんなボケには走らないようです。ドーナツを食べたり図書館で過ごしたりとまさにデート。
 ファミレスでラブからのメールを受ける美希。トリニティのミユキと聞いて驚きます。少年が美希にジュースを渡します。「はい、姉さん」 やっぱり弟でした。


 森の洋館。前回阻まれ忌々しそうなイース。仲間らしきふたりの男達からフォローの言葉をかけられますが、ご機嫌はナナメのままむしろ苛立ちを募らせます。私服姿になって今回も出動するようです。

 どうやら母と美希、父と和希(弟)は別々に暮らしているようです。お互いに近況を確認し合います。単身赴任・・・というには同じ街だし、さて。


 その頃ラブは実験台に。最初は普通の髪型でしたが、どんどんエスカレートしていきます。もはや芸術、もはやギャグ。美希母張り切りすぎです。

 意気込んで張り切ると言う美希。ファッションモデルになるのが夢のようです。和希はそれを聞いてきっとなれる姉さんは完璧だもの、と答えます。当然!と答えるのかと思ったら「完璧に、なれたら良いよね。ありがとう」と控えめな美希。彼女は努力家です。それを安易に出さないだけの自制心をも持っているようです。
 姉を羨ましがる和希。どうやら身体が弱いようです。夢と希望を持たなくちゃダメ!と美希は言います。将来は医者になりたいと言う和希。医者も体力がいる仕事なので大変です。和希ならきっとなれると言う姉に無責任だね、と答える和希。しかし美希はそう信じることが大切なの、と励まします。それを受けて姉を完璧だと思う和希。
 ここでも謎物体(ブルー)が美希を見ています。


 傑作、と言う美希母。アフロです。なんかすげぇな。これ戻るの?と不安になるラブ。大丈夫と気楽に答える美希母。本当かよ。電話が鳴ったので取りに行きます。


③心は近い姉と弟
 街で楽しそうに笑う人々。幸せそうです。その中でただ一人それを不快に思うイース。笑顔が嫌い。虫唾が走ると言います。手を顔の前で摺り合わせる独特のポーズを取って「スイッチ・オーバー」と詠唱して変身するイース。今回も名乗ります。たぶんこの人はこれが仕様なのでしょう。出来れば人前で変身したいものです。人の居ないところだと別な意味で恥ずかしく、そしてちょっと怖いです。
 イースの姿にびっくりする街の人々。これが日本で有名な電気街だとカメラを持った人達が垣根を作るところですが、そんな特殊な人達はここにはいません。手を摺り合わせてクリスタルを作りだし自動販売機に刺してナケワメーケを召喚します。

 突如出現した巨大兵器ナケワメーケに驚いて逃げ惑う人々。「濃縮還元」とジュースをはき出すナケワメーケ。なんだその臨機応変な技名は。
 洋服が台無し、トマトジュースが苦手、と何だか地味に不幸な人々。今度は「カロリーゼロ」とコーラを噴出します。なかなか配慮の利いた攻撃です。目にしみる~といやがる人々。今からゲップをせずに山手線の駅名を~とか言った奴は絶対楽しんでいるだろ。痛いわけでも死ぬわけでもありませんが、これは地味に不幸です。イースの思惑通りFUKOゲージが少しずつ溜まっていきます。目的に対して効率的な手段です。私であれば録画したプリキュアの放送を見ようとしたら消されるようなものでしょうか。・・・立ち直れません。

 ナケワメーケは美希達の居たファミレスにも現れます。和希を連れて逃げる美希ですが、和希は途中で体調を崩してしまいます。走って逃げることは出来ません。ファミレスの窓を破って現れるナケワメーケに手元にあったカップを投げつける美希。和希を抱えて逃げます。気丈です。「お徳用サイズ5割増し~」とメロンソーダっぽいのを出すナケワメーケ。お前は少し黙れ。

 トイレに避難する美希達。トイレの窓を開けようとしますがなかなか開きません。苛立つ美希。

 美希母は長電話。時計を見たラブは約束の時間が迫っていると美希に電話します。美希からの返答は助けて! 化け物に襲われていると言います。イースの仕業だと察知したラブはアフロの頭のまま店を出ます。おお、これはもしかするともしかするのか!!
 店を出ると同時にシフォンを背負ったタルトと合流します。なんでアフロやねん。ツッコミは欠かしません。


④つみたてフレッシュ!
 トイレの中にジュースが浸水してきます。諦める和希に美希は医者になる夢があるなら最後の最後まで希望は捨てるな、と勇気付けます。美希かっこいい。弟でなくても惚れる。謎物体(ブルー)とシフォンが反応します。

 ようやく窓が開きます。トイレの扉を支えた和希が姉を先に促しますが美希は和希を押し出します。同時に大量のジュースが部屋の中に入ってきます。和希は押し出され外に出ますが、美希はジュースの中で溺れかけます。溺れながら「弟の夢は失わせない絶対に!」と願う美希。謎物体(ブルー)正式名称ピックルンが美希の携帯に憑依します。結界が生れジュースを排斥する力場が発生します。変身。
 「チェインジ!プリキュア・ビートアップ!
 地を滑るようにして変身。
 「ブルーのハートは希望の印、つみたてフレッシュ!キュアベリー!
 前回も思ったのですが、どちらかというと、新鮮な食べ物のコマーシャルのような口上です。

 和希を担いで跳躍。救急隊に引き渡すベリー。救急隊は二重な意味でびっくりです。
 ベリーの姿を見て美希だと気付くラブ。分かるのか。同じ学校の人とかに会うと大変です。ラブも変身。来た! 待ってた! 早速2話目にしてコスプレならぬヘンテコ変身。アフロは元の髪に戻ります。便利?な機能です。

 「レッツ!プリキュア!

 ダブルプリキュアキック!と同時にキックするピーチとベリー。スカートの中丸出しですが、初期レモネード同様パニエなので下着とかの判別はありません。潔くやりたい放題です。
 息を合わせて攻撃するプリキュア。迎撃するナケワメーケ。缶ジュース型の誘導ミサイルを放ちます。はね除けてナケワメーケに肉薄したプリキュアは直前で回避してミサイルをナケワメーケ本体にぶつけます。ピーチがベリーに合図を送ります。キュアベリーとフルに呼んでいますが、たぶんピーチやベリーや次回のパインとか下の名前で呼ぶと食べ物っぽいからだと思います。
 「悪いの悪いの飛んでいけ!プリキュア・エスボワ―ルシャワー!

 ベリーの必殺技で破壊。やっぱ必殺技バンク使わないんだ。

 撤退するイース。FUKOゲージは溜まっています。

 変身が解けて自分の行動に驚く美希。ラブ同様戦闘時は意識が変るようです。
 ミユキとの約束を思い出して焦るラブ。和希の姿を見つけて安心する美希をそのまま連れていきます。その様子を和希は笑って見送ります。

 ミユキの元に駆け付けるふたり。さりげにここでも新商品の携帯プレーヤーを出してダンスの練習。それを離れたところで見る祈里。


⑤次回予告
 いよいよ三人目! 黄色は人気の印、ブッキー変身回。そしてカオルちゃん。


○トピック
 お風呂シーン・水着禁止は引き継がれず、ヘンテコ変身は引き継いでいるプリキュアは、プリキュアだと思います。

 お笑い要素は各所に仕込みつつも、ちゃんと真面目な話なのがプリキュア。「わたし完璧」が口癖の美希はさぞや高飛車なタイプかと思いきや、努力家で弟思いな子。プリキュアでは常套句である希望を最初から体現するかのように弟を励ます姿は、当事者の和希から見れば理想的な姉に見えるでしょう。
 和希が弟であることをラブ達は知らないようですが、昔から離れて暮らしていたのかな?
 まだ2話なので突っ込んだ話はしませんが、美希と和希はそれぞれブラコン、シスコン的に見えますが、実際共依存的です。精神的にも身体的にも未熟な和希を支えるには美希は頼れるお姉さんであらねばなりませんが、美希がそうやって強くあれるのも和希の弱さが関係しています(人間の関係は簡単に強者と弱者、上位者と下位者に分けられるわけではありません)。彼女らが別々に暮らしている理由もいずれ明かされるかもしれません。


 これまでのシリーズと比較する気はあまりありません。比較するとしてもフレッシュがどういう物語であるかを強調するためです。基本は虚心坦懐にフレッシュプリキュア劇を見ようと思います。ラブ達の性格、関係はなかなか面白く楽しい世界のようです。強いて私がプリキュアであることを期待してフレッシュを見るとすれば、それはプリキュアが一生懸命に頑張る女の子達の物語であることその一点です。ラブも美希も正直で誠実な子達のようです。次回は何故かすでに人気が高いブッキーこと祈里の回。予告の変身シーンが異常に可愛い。
[ 2013年05月22日 11:55 ] カテゴリ:フレッシュプリキュア! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL