六畳半のすごし方 TOP  >  プリキュア5GoGo! >  第28話「ココのお嫁さん登場!?」

第28話「ココのお嫁さん登場!?」

○今週の出来事
①クレープ王女

 夏真っ盛り。パルミンがフラフラと飛んでいますが夏バテ気味のようです。
 ナッツハウスでものぞみ達は暑さに参っています。気丈に振舞っていたくるみもバテてミルクに戻ります。
 りんはかれんの別荘を思いだします。何故かガマオが漂流していたアレです。なるほど今一度海へ行くわけですね。うららは高原を希望します。違う! 間違っているぞ! それはいけない。それを聞いて高原の別荘に思い当たるかれん。ああ、やっぱそのパターン。この人なんでも持っているからそういうこと言っちゃダメだよ。今年は高原の別荘になるようです。
 喜んでいるみんなのもとにパルミンが飛んできます。このアニメは収集物を必然的な偶然で入手するので放っておいてもコンプされます。慌ててキュアモを取り出してショット。すると当たりです。王女らしき人物。ココとナッツはその姿を見て素直に喜べません。名はクレープ王女。
 いや、そんなことより、先ほどの計画について見直しをするべきだと思います。やはり海とか水場がよろしいかと思います。そう、具体的に言うのであれば、水着になるところが良いと思います。

 キュアモからパクトへ転送して、実体化したクレープ王女はあたりを見回すと、ココの姿に気づいてそのままダイブ。ココに抱きつきます。マイスイートダーリンとか言い出しましたよ、この人。暑苦しいのにさらに暑苦しくなります。ええい、不思議生物が抱き合ってもこちとら面白くも無いわ。うららはのぞみの胸に飛び込むべきだと思います(冷蔵庫の中に入ってろ)。
 無論、それを放置するほどミルクはお人好しでも大人しくもなく、どういうことかと尋ねます。するとクレープ王女はココの婚約者だと言います。驚く一同。ってココまで驚くな。
 ちなみに、私は聞き取りにくかったのですが、クレープ王女の語尾はククです。字幕で確認しました。ココに聞こえてしまって、ココの婚約者だけに真似ているのかと思ってしまいました。


 疑惑の目でココを見るのぞみとミルク。ミルク怖ぇぇ。ただの幼馴染だと弁解するココ。それを聞いて泣き出すクレープ王女。「泣かせちゃいました」「泣かせたわ」「泣かせちゃったわね」「いっけないんだ」「責任とるロプ」集中砲火。怖い。女の子って怖い。特にのぞみの視線が痛い。しかしそんな風に嫉妬されたい(冷蔵庫から出てくんな)。


 エターナル。お茶入れときましたよー、といつものブンビーさん。エターナルにはエアコンが設置されていないようです。館長蒸し風呂なんじゃないのか、あの格好。そこにイソーギンとヤドカーンが釣竿を持って通りかかります。ローズパクトとパクッと没収と言います。案外駄洒落好きかもしれません。ブンビーさん的にはまだまだのギャグらしいです。なんていうか、論点が全く違う気がするんですが。


 ココりん、とココを呼ぶクレープ王女。ダーリンとか言い出すし、この人電撃使えるんじゃない? 結婚の約束を憶えていないのか?と迫るクレープ。思い当たらないようで、ココはナッツを見ます。幼い頃に道に迷って心細いクレープを励ますココ。ココと手をつないだことに激しく反応するミルク。クレープは当時のことをうっとりとしながら思い返します。でもそれは違うようです。ガックリする一同。
 場から離れるナッツ。クレープが苦手らしい。

 外に出るとナッツはおばあさんと孫らしき娘を見つけます。暑さに参っています。

 ショック~と泣き出す王女。のぞみはまだ疑惑の視線を向けています。アレか、と思い出すココ。パルミエの木に登って降りられなくなったクレープを自分に向かって飛び降りろとクレープを受け止めるココ。その話を聞いてさらに熱くなるミルク。そのうち沸騰しそうです。クレープは当時のことをうっとりとしながら思い返します。でもそれも違うようです。


 ナッツハウスの前で休む2人。娘は喉が渇いたとお婆さんに言います。しかし水のみ場など近くに…とあたりを見回すお婆さん。後ろでその様子を見るナッツ。


 憶えていないココに痺れを切らして、そのシーンを思い返すクレープ。食べ物を食べるココ達。ココは自分が食べようとしていた食べ物の半分をクレープにあげます。クレープ王国ではそれがプロポーズらしい。呆然とする一同。ココは知らなかったと言います。クレープの一人思い込みに安堵するのぞみ。あ、なんだろこの私の中にある切なさ。
 プロポーズだと言い張るクレープにこまちは無効だと冷静に言います。かれんもお互いに理解して進めないと、と付け足します。勘違いで結婚は無いんじゃない?とりんも同意。賛同を得られないクレープ王女。私は大賛成ですよ。今すぐにでも祝電を贈りたいくらいです。
 結婚してくれなければココを国王だと認めない、と言い出すクレープ王女。何という脅迫。この人タチ悪いぞ。暑さのせいではないような汗を大量に浮かべるココ。ふたりが結婚してパルミエ・クレープ連合王国にすればお互い助け合えるし経費も少なくて済むといいます。何という政略結婚。この王女したたかだよ。っていうか経費削減とか何かこのアニメ具体的過ぎるよ。結婚がこんなに具体的で夢が無い幼女向けアニメも珍しい。
 ある意味感心するかれん。しっかりというか、手段を選ばないというか。王様と王女様との結婚なら派手な式になると言ううらら。流石うらら。君はよく分かっている。そう、ココがクレープと結婚すれば脅威は無くなります。失恋によって失意にあるのぞみを口説くのはこの時を置いて無い。頑張れうらら。りんは(のぞみとうららが)結婚するわけじゃないよ、と制止します。すみません、会話をちょっと曲解しました。


②ナッツハウスの営業
 ナッツが冷蔵庫に水をとりにやってきます。冷蔵庫の中には豆大福とシュークリームが大量に入っています。流石です。ナッツの動きに気づくこまち。
 水を飲む娘。ナッツはふたりに水を出していました。娘はナッツハウスの商品を見て好奇心を表します。困った顔でナッツを見るお婆さん。ナッツは快く応じます。するといつの間にか他の人達も来ており声をかけられます。

 釣りをしながらローズパクトに何か入ったことに気づくイソーギン達。価値が上がった。


 クレープはこんなわけのわからないところに居ないで、復興に力を注ぐべきだといいます。反発するミルク。4人の国王を助けるために居るのだから勝手なことを言うなと反論します。冷静なクレープ。誰かと尋ねます。答えるミルク。気ばかり強くて礼儀も何も無いお世話役見習いか、としれっと答える王女。つっ、強い。この王女強い。したたかで交渉力と権威、肝を持っている。ミルクを脅すクレープ。これにはミルクもタジタジです。ココの方を向いて良い顔をするクレープ。女の子って怖いですね。
 ところが、周囲にはクレープとミルク以外誰も居ません。


 いつの間にかお客さんで溢れかえるナッツハウス。アイスティーを配るのぞみ達。

 喉が渇いてきたイソーギンとヤドカーン。水ならあるぞ、と池を示すイソーギン。「生水を飲んではいけません」「おっしゃるとおり」 特に淡水は微生物やバクテリアが生息しているので衛生上よろしくありません。淡水生物を食べる際は過熱あるいは塩で調理しましょう。

 ミルクにコップを尋ねるのぞみとシロップ。くるみになって手際よくコップを取り出します。のぞみはクレープの様子が変なことに気づきます。
 クレープはココナッツが笑っていると言います。いつも笑っていると言うのぞみ。泣き出すクレープ。パルミエが滅亡して心配していたと話します。彼らの苦しみを理解し案じていた彼女は彼らの笑顔を心から喜びます。クレープがココとナッツを好きなことを理解するのぞみ。当然だと言うクレープ。ナッツはともかくココは婚約者だと言います。ナッツの人気の無さにファンが泣きそうですが、こまちは有りだと思っていそうです。恋のライバルかと思いきや、のぞみはクレープの物言いに動じず安心した心持で見ます。
 上手く言い表す言葉がちょっと見つからないのだけど、彼女は聡明なのだと思う。さきほどまでココに対するクレープの態度に嫉妬していたのだと思うけど、クレープがココを好きな気持ちを知ることで態度が全く変わっています。婚約が成立していないから、というよりも相手に対する理解がのぞみの行動に影響を与えていると思う。ココを好いているというのならミルクもそうなのだけど、そのミルクをのぞみは認めている。おそらく彼女は好意などの気持ちを大切にしていて、それらに対して狭量的な自分の感情を差し込まないのだと思う。彼女がクレープに今後どう接していくかは面白そうな点です。



③ナッツハウスはよく戦場になります
 夕方。お客さんも帰り一段落。水を求める声。振り向くとそこには怪しげな2人。最強のハンター。イソーギンとヤドカーンです。
 大物が釣れたと普通のザリガニを示すふたり。餌もザリガニ釣り用です。小学生かお前らは。これから大物になると、ホシイナーを憑依させます。変身。のぞみ達が伝説の戦士プリキュアだと知るクレープ。今までどういう人達だと認識していたのか気になります。ミルキィ・ローズの姿を見て青い薔薇の伝説に気づくクレープ。ご説明ありがとうございます。

 ザリガニホシイナーが攻撃してきます。クレープはパクトに避難。ザリガニの頭部にホシイナーの玉が乗っているという安直なデザインのわりにパワーはあるらしくプリキュア達を吹っ飛ばします。反撃に転じるプリキュア。図体のわりに小回りも利き応戦するホシイナー。少々手ごわい。
 パクトを落としてしまったシロップ達を見て、イソーギン達は合体して迫ります。迫ってくるホシイナーを今度は圧倒するプリキュアとローズ。そろそろ相手の動きやスペックを読んだのでしょうか。パクトを掴もうとするイソカーン(勝手に合体名を命名)を遮ってローズが取り戻します。シロップに返すローズ。

 シロップ達を狙うホシイナーをいなしてひっくり返すプリキュア。ホシイナーは抜け殻になって本体がありません。変わり身の術ですか。脱皮した本体は池の中に。プリキュアを狙うホシイナーに、ココはフルーレを召還します。ココ=フルーレ召還係。シロップ=パクト持ち係。ナッツ=……。頑張れナッツ。例えクレープから無視されても、ココと結婚して連合を作られて立場が全く無かったとしても、君にはナッツハウス(賃貸)があるじゃないか!

 そんなわけで衣装に合わせてデザインしたのかと思うほど似合っていて可愛くカッコイイプリキュア。その可憐さを全く度外視して出現する巨大薔薇。女児向けアニメとしてそれで良いのか?と疑問を感じる「喰い殺し」によってホシイナーを倒します。豪快です。プリキュアは斜め上を行くアニメです。

 プリキュアの力を目にしたイソカーンは凄いな、カッコイイな、と驚きます。見とれている間にローズがブリザードを放ちます。あれは痛いからと攻撃を受ける前に撤退します。


④策謀の王女
 プリキュアとローズの活躍にお礼を言うクレープ王女。ココりんとナッツの笑顔を守ってくれたことに感謝します。何故ココ達がここに居るのか分かったと言う王女。意外に度量もある。ただ、間違いなくこの王女は狡猾だ。
 冷たいものを呑もうと、シロップに命じるクレープ。ね、したたかでしょ。クレープの目は間違いなくシロップがこの場で最下層の階級だと判断したと思うね。渋々でも飲み物を持ってくるシロップ。シロップの態度を見つめるうらら。のぞみは飲み物の方に視線を向けています。む、いかんぞ、うらら。それはいかん。君はのぞみに一つのジュースを2つのストローで飲みましょうとかそういうことを言わないといかん(冷凍庫に入ってろ)。

 ジュースを飲み干して、ココがたくましくなっていることでさらに、パルミエ・クレープ連合王国は安泰だとほくそ笑む王女。ああ、今頃だけど気づいた、この王女さん最初の頃のミルクにそっくりだ。


⑤次回予告
 まだだ、まだ計画は終わったわけじゃない。あれだ、温泉があるっていうのはどうか。


○トピック
 押しかけ女房のような勢いで登場のクレープ王女。純粋に恋愛とかのぞみとミルクを含めた三角関係の昼ドラ展開とか、そんな予想をぶっちぎって、パルミエ・クレープ連合王国を夢見る彼女はたくましい。このアニメは細かいところで現実的。実はババロアやドーナツ王国を潰す気があったりして。
 当初のココナッツが国王になることに他の国王達は不満である、という話はどっかに飛んでいったようなのでさっくり忘れるべきでしょうか。大勢に影響は無い設定ですが。ところで、そもそも襲撃したのは誰だよ?という疑問もさっくり忘れた方が良いのかな。実は凄い複線で、フローラが首謀者とか期待しているのですが。


 物語も中盤に入ってきたので、このタイミングでココを好いている王女を登場させているのは相応の意味があるでしょうから期待しています。さり気に政治的な匂いもしますし。
 プリキュアの恋愛は非常にプラトニックですが、複雑な心理や人間関係の上でそれをやっているので見応えがあります。意中の相手を得るために蹴落としたり相手の気持ちを軽んじるようなことはしないでしょうが、何よりも好意や人の感情、関係をプリキュア的手法でもって美しく描いて欲しいですね。さらに人間関係から国交の回復まで幅広く解決するのがプリキュアのダイナミズム。来週はまだ夏休みモードなのでゆっくりと見ていきたいと思います。
[ 2013年05月22日 10:13 ] カテゴリ:プリキュア5GoGo! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL