六畳半のすごし方 TOP  >  プリキュア5GoGo! >  第25話「真夏の悪夢の二人組」

第25話「真夏の悪夢の二人組」

○今週の出来事
①シロップの引越し

 海?山?とみんなに聞くのぞみ。夏休みなので遊びに行く話しです。海が良いと思います。もしくはプールが良いと思います。プリキュアの場合、プールに行っても水着にならないだろうと思いますが。
 かれんの別荘を期待するのぞみ。海も山もプールもあるらしいです。もう何でもありだな。地球買えるんじゃないかな。
 うららの予定も確認。来週大都会でパレードの中継があるらしいです。さりげに来週の予告です。何でもかんでも楽しそうにはしゃぐのぞみにみんなも呆れます。一人キョトンとするのぞみ。可愛い。

 そこに重い足取りで入ってくるシロップ。大量の汗をかいてフラフラしています。元の姿に戻って倒れます。熱中症でしょうか。


 エターナル。前回の不始末を謝るアナコンディ。館長は特に問題にしないようです。それよりもフローラがプリキュアを選んだことを気にしています。ネバタコスの後任を用意しているアナコンディ。コレクション没収率100%の最強ハンター。これは手強そうです。
 茶柱の立ったお茶を用意して新任上司のもとへ向かうブンビー。どーせまたロクな上司じゃないとため息をつきます。嫌だなぁ、この組織。気を取り直してご機嫌取り。下っ端根性が染み付いています。
 部屋の中に入るともぬけの殻。そんなことよりも机が二つあることに驚愕するブンビー。一気に上司が二人になってしまいました。


 湖の淵に立ってナッツハウスを見る二人組。ノッポとデブです。「暑いな」「暑いぞ」「夏だな」「夏だぞ」……あまり発展性の無い会話です。


 のぞみ達も驚く食べっぷりでシュークリームと豆大福、ジュースを空にするシロップ。夏休みなので学校の食堂もやっておらずご飯を食べていなかったようです。ってあそこのホットケーキが食料供給場所だったのか。
 配達の仕事を頑張る!と元気を取り戻すシロップ。ちなみに、前回からパクトを預けられているので背中に背負っています。いつの間にか外に出ているババロア女王。体力が回復したのでそろそろ帰れるそうです。初めから元気だったような、とりん。
 何か仕事はないかと周囲に聞くシロップ。今なら夏休み特別割引とやる気満々です。割引ってそもそもこの仕事は金銭絡んでいるのか怪しいのですが。やはりミルクがこちらに来て大量の手紙を届ける仕事が無くなったのが痛い気がします。
 ココとナッツが顔を見合わせて仕事を依頼します。配達ではなく店の模様替えを依頼するナッツ。二人へのわだかまりも解けているので意気揚々と請け負うシロップ。ココがわざとらしい声で重労働で大変、と言います。ああ、そういうことね。力はあると意気込むシロップに夏休み一杯かかるので泊り込みはどうだろうという話に持っていくココナッツ。その光景をくるみは感心して見ています。
 考えるシロップ。君、騙されているよ。


 湖の上に浮遊するノッポとデブ。涼しいらしい。


 シロップの部屋。殺風景ですが家具などの最低限必要なものはあります。準備万端です。当事者よりも嬉しそうなのぞみとうらら。シロップは住む気はない、と言いますがココは夏休みの間だけ、ナッツは契約はしただろ、と詐欺ではよくありそうなことを言います。こまちとかれんも加勢。最早逃げ場はありません。狩りは一人ではなく複数でじわじわと逃げ道をなくして追い詰めるものです。
 エターナルの館長を見ているのでナッツハウスに居た方が安全だと言うココ。
 それはそれとして、のぞみはシロップを買い物に誘います。りんとうららは面白そうとついていきます。こまちとかれんも何だかんだで。くるみは呆れながら付いていきます。この娘は半眼になっているときが面白い。
 湖の上で浮遊するノッポとデブは追いかけるでもなく待機。どこからか取り出した何重にもなったアイスを食べます。食べている最中に溶けてベトベトになりそうです。「全部バニラか」「これ全部バニラだ」ノッポはバニラが好きなようです。


②ショッピング
 デパートでお買い物。おやつを入れる冷蔵庫が必要、と怒涛の大容量の冷蔵庫を示すのぞみ。部屋に入らないだろ。801Lってどれだけ入るんだよ。なお、ヤマなし・オチなし・イミなしが転じて意味を持つようになったこととプリキュアは関係ありません。プリキュアは女の子同士の友情を推奨しています。
 こまちは巨大な本棚を示します。部屋に入らないでしょ、と答えるシロップ。鏡台に笑顔。演技に使えるとうらら。演技の練習しないって。このカーテン可愛いと示すりん。だんだんテンションが下がるシロップ。
 かれんがみなを叱ります。自分の部屋ではなく、シロップの部屋。人の気持ちになって考えましょう。くるみもシロップに同情します。そこでかれんのお勧めは絵画。この人も分かってねぇ。いや、分かってた、かれんはボケだって知ってた。絵にかれんさんの大好きな葡萄が描いてあると、とりんが突っ込みます。かれんもりんが大好きなオレンジもある、と反論。あきれ果てるくるみ。
 のぞみ達はどんどん好き勝手なことを言います。離れたところでため息をはくシロップ。よくある男と女の買い物風景みたいなものでしょうか。

 外でベンチに座って一息つくシロップ。パクトが光りだして手に取るとババロア女王が出てきます。みんなと居なくていいのか?と問います。シロップは疲れた、一人の方が気が楽だといいます。煩いしお節介だし面倒だとも言うシロップ。あのテンションについていける人もなかなかいないと思います。メルポとふたりで良いと言うシロップに女王は誰かが待っていてくれる、帰る場所があることは素晴らしいと話します。自分が元気になれるのも王国でみんなが待っているからと続けます。どうしたんだ、急にまともなことを言い出して、と結構失礼なことを言うシロップ。視聴者も同じ気持ちですが。
 シロップが大変な思いをしたのでのぞみ達は引越しを手伝うことで元気付けたいのだと説明するババロア女王。そうだったのか、てっきりいつものノリでみんなを巻き込んでみんなで騒いでいるだけかと思ってました。マシンガントークに定評がありますが、きちんとそこは国王なだけに周囲をよく見ているババロア女王。のぞみ達の真意を見抜きます。シロップも内心ではのぞみ達の好意を感じています。素直になれと言う女王。
 シロップを見つけてやってくるのぞみとくるみ。くるみは大きな模造紙を抱えています。当番表を作ると言います。料理・掃除・ごみ出しをシロップと分担すると言います。ちゃっかりしています。シロップを利用する気満々です。さっきの話は本当かよ?と言う目で女王を見るシロップ。みんなでやることは素晴らしいと小声で言って撤退。逃げやがった。


②最強のハンター
 ナッツハウスへ帰ってくるのぞみ達。店の前に二人組が居ます。お客さんだと思ったのぞみが応対すると、二人組はローズパクトが欲しいと言います。のぞみに手を伸ばすノッポ。シロップが間一髪のところでのぞみを庇います。プリキュアでは珍しい女の子を助ける男の子の図。しかし俊敏な動きでデブが近づき一瞬で距離を離します。シロップは二人に心当たりがあるようです。ヤドカーン(デブ)、イソーギン(ノッポ)と名乗る二人。
 さきほどシロップに近づいたときにパクトを盗んでいたヤドカーン。手渡されたイソーギンが見せます。
 仕事が終わったので帰ろうとする二人にのぞみが返して!と叫びます。穏やかそうに見えて獰猛さを隠していたのか、のぞみの戦意を見て取ったのか立ち止まります。プリキュア変身。ローズも続きます。二人も腕を変化させて戦闘開始。
 ドリームとローズの攻撃を防ぎ、反撃…と思ったらパクトは没収しているので戦うのを止めようとする二人。意外と冷静です。今まで得るもの得たら撤退すればいいものを戦ってしまって結局失敗のパターンが多いので冷静に対処されるとプリキュア側が困ります。帰ろうとする二人に挑むドリーム。瞬間移動と思えるほどの動きで反撃するヤドカーン。ルージュ達の攻撃も通じません。イソーギンに挑むローズも強烈な足蹴りで弾かれます。こいつの動き面白いな。

 シロップは機転を利かせて、パクトの中にいるババロア女王に光を!と言います。それを受けて眩い光を出す女王。国王級の人は光を出すことが出来るようです。目がくらんだ二人はパクトを手放してしまいます。それを見逃さずキャッチするシロップ。使える男です。全く何もせず突っ立っているだけのココナッツとはわけが違います。
 怒った二人は合体して戦闘モード。どうやら合体した姿が本来の姿らしい。ストライクを軽々と握りつぶしてしまいます。アローとソーサーも同様。反撃に転じる…ん、これなんて言えばいいんだろう。合体しているしなぁ。面倒だからイソカーンでいいか。イソカーンはプリキュア達を睨むとその辺りが爆発します。これは凶悪な能力。ビーム撃つとかそういうのじゃないのね。
 イソカーンの実力に苦戦するプリキュア。コンビネーションそのものは特に良い訳ではないと思いますが、単純に強力です。

 シロップに狙いを定め攻撃します。パクトを渡せば命は助けてやると脅迫します。断るシロップ。割って入るプリキュア。
 「何言ってんの! シロップには手出しさせない!
 「料理も掃除もゴミ出しもシロップと一緒にやるって決めたんだから!
 「あんた達の自由には」「させない!
 堂々と言ったよこの娘。ドサクサにまぎれてシロップを使う宣言。相手の自由にはさせませんが自分は自由に使う気満々です。何かもう、シロップはパクトを渡しても良いんじゃないかな、って同情したくなります。
 ドリームとローズの言葉に聞き入るシロップ。騙されています。

 ミルキィローズ・ブリザードとシューティング・スターの最強格必殺技が命中しますが二人は変化を解いただけで帰ってしまいます。ローズは力尽きたのかミルクに戻ってしまいます。


③帰る場所
 ババロア女王はシロップにお礼を言い、カードをりんに渡します。シロップに乗って王国に帰る女王。最初から最後まで元気な人です。


 案の定話っぱなしだったようで、ぐったりして帰ってくるシロップ。気づくと目の前に大量のホットケーキがあります。のぞみ達が異口同音に「おかえり」と言います。何かを待つみんな。おかえりと言っているんだから一つしかありません。
 「…ただいま
 「おかえり!

 みんなでホットケーキを食べます。焦げているのを食べるシロップ。のぞみが作ったようです。ちょっと焦げたくらいの方が美味しいと言うのぞみ。確かに美味しい。しかしかなり焦げているらしい。今日の食器洗いはシロップのようです。早速使われています。


④次回予告
 久しぶりの正装ブンビー。大都会にプリキュア現る。


○トピック
 シロップがナッツハウスの下宿人兼雑用係になる回。くるみに使われること間違いなしです。

 これまた前作で言うところの25話に当たる話で、23、24話を踏まえのぞみが5人の中心でありみんなに支えられみんなが好意を寄せていた話のシロップバージョン。みんなと一緒にローズガーデンい行くことを決心して戻ってきたシロップの居場所が物理的にはナッツハウスであり、関係としてはのぞみ達、ココナッツミルクの輪に入っているということを再確認する話。…なのだけど、普通もう少し労わってもいいと思うのですが、早速雑用も一緒にやるという生活感ある展開。洗礼なのか新入りはまず洗い物をすることから始めるのか厳しい世界です。綺麗事ばかりではなく、こういう地味なところも含めて一緒にやるということ、生活や遊びも共有し得ることを示しています。
 シロップが一人の方が気が楽と言っている様に、一人は一人で楽、みんなと一緒にやるのはときには煩わしいこともあることを前提にしつつもそれでもみんなと一緒に居ることの良さにも気づけるのが上手いさじ加減であると思います。独善やエゴに陥ることや、他者に依存することなく、自己の主体性と責任を持ちながら他者との協力と共存を説くのがプリキュアの物語の核です。


 今回から参戦するノッポ(イソーグン)とデブ(ヤドカーン)は敵では珍しい二人組でしかも合体します。協力して戦うのがプリキュア側の優位性の担保なのでこの戦いの構図は面白そうです。単に力押しで解決するのか、プリキュア側がさらに一歩相手を上回る協力を引き出せるのか。スコルプ&ブンビーの作戦とシビレッタの罠に始まった分断作戦は解決しましたがさらなる課題が待っていそうですね。


 次回はOPでも印象的な夜の大都会に並び立つプリキュアが見られそう。
[ 2013年05月22日 10:12 ] カテゴリ:プリキュア5GoGo! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL