六畳半のすごし方 TOP  >  プリキュア5GoGo! >  第9話「名探偵こまち登場!」

第9話「名探偵こまち登場!」

○今週の出来事
①そしてケーキはなくなった

 ナッツハウスの開店祝いにとケーキを持ってくるかれん。シロップも呼ばれたようです。ケーキを食べるのはプリキュア的に大事なことです。推理小説に夢中になってやってくるこまち。前に図書館で小説を増やしたときに見つけたようです。この人が全部推理小説読んだんじゃない?
 箱を開けてケーキのお披露目。美味しそうなショートケーキにみんなも期待します。シロップも何だかんだ言って楽しみにしています。セレブ堂のケーキ。執事の坂本さんは優秀な人です。
 8等分に切り分けるのぞみ。かれんが食器を持ってくるため階下に下ります。お茶を入れようとこまち、りんも下ります。音楽をかけようと提案するうらら。ココも賛成してラジカセを用意しようと言います。シロップを誘って下ります。お客さんが来たのでナッツも下ります。
 そして誰もいなくなった。


 準備は整いました。ケーキの箱を開けると…消えています。愕然とする8人。雷鳴が轟き、強い雨が降り注ぎます。そう、これが後に語られるケーキ消失事件であり、プリキュア5史上最もカオスでシュールでこまちがノリノリでブンビーが可哀想過ぎる出来事だったのです。


 スコルプの報告書を読むアナコンディ。プリキュアを大絶賛した内容の報告書です。問われて「何かそういう風になってしまって」と答えるスコルプ。まあ、そうなっちゃうよね。書き直し。
 肩を落とすスコルプ。折角書いた報告書も書き直しで滅入ります。「山本さん」と声をかけるブンビー。もはや本名関係ないな。買ってきたケーキを見せるブンビー。勤務中に、とたしなめようとするスコルプを遮ってケーキを食べるブンビー。プリキュアも人間、チームワークが崩れるときがくると楽観的です。肩の力を抜けと言います。ブンビーが実は大物なのではないかと思うスコルプ。どちらかというと小物が一周して妙に突き抜けてしまった人だと思います。


②名探偵こまち
 律儀に部外者が入らなかったと説明するナッツ。「みなさん、ごきげんよう」と現れるこまち。何故か外套を羽織っています。ベタな感じの探偵風な身なり。持ち歩いているらしい。…職務質問とか荷物検査されたら大変なことになりそうです。探偵風に話すこまち。「みなさん、今日ここにお集まり頂いたのは他でもありません」「さっきから集まってるんだけど」かれんナイスツッコミ。こまちのノリに感心するのぞみ。かれんはこまちがときどき分からなくなると言います。りんは推理小説の読みすぎだと言います。みんな冷静です。みんな引いてます。
 外部者の可能性がないということは、犯人はこの中にいる。「アリバイ」を説明するこまち。犯行が不可能であったことを説明できれば犯人ではありません。こまちは紅茶を淹れていました。りんも一緒だったようですが、途中で抜けたため犯人ではないかと疑うこまち。かれんに呼ばれて皿を選んでいたと説明するりん。皿の趣味で意見が分かれたらしい。その時場を離れたかれんの犯行ではないかと疑うりん。うららを見ながら他の人のアリバイも聞きたいと言うかれん。
 疑われたうららは涙を目じりに浮かべながら、自分は食いしん坊で甘いものが好きでイチゴのケーキには目がないと言いつつも、独り占めする人間に見えるんですか!?と大仰なリアクションで答えます。うららの演技に涙するのぞみ。いや、もう、何だ、このアニメ。プリキュアってこんなんだっけ? うららもノリノリだな、おい。個人的にうららは絶対に犯人ではないと思います。何故ならうららは一人でケーキを食べることよりのぞみと一緒に食べることの方が大事です。
 のぞみ達とCDを探していたと言ううらら。途中でのぞみとシロップが抜けたことを言います。ふたりを疑ううらら。のぞみは他のCDを探しに、シロップは居なくなったメルポを探していたと言います。ココと会ったと言うシロップ。しかしこまちが空を飛べることを利用してケーキを持ち去り意図的にココと会ったと推理します。ポーズを決めて犯人だと指摘するこまち。もう何でも有りだな。ナッツが居なかったと言うシロップ。倉庫に居たと言うナッツ。物音は聞こえたようです。

 話を整理するかれん。何かゲームっぽいというか、よくワイドショーとかでありそうな見取り図を使って各々の居場所を確認します。アリバイがあるようでありません。こまちを怪しむうらら。みんなの疑いの目が集中します。探偵だからと弁解するこまちに誤魔化すためでは?と疑います。
 犯人はかなりの食いしん坊だな、と言うココの言葉にのぞみを見るみんな。何でこっちを見るの!?と抗議するのぞみに同意するうらら。流石うららどんなときにものぞみの味方です。さっき疑ったけどね。(それとものぞみを見る人とうららを見る人で分かれたのか)

 ブンビーが物陰から仲間割れの様子を見ます。チャンス到来。


③冤罪
 お互いを疑い喧々諤々。犯人探し、自分のアリバイ証明、何とも醜い姿。良い子の憧れのヒロインがこうも醜い姿をさらすのは番組上問題です。売り上げダウンでスポンサーから苦情がきかねません。もう止めないか?とココ。友達を疑うなんて悲しい、意味の無い醜い争いは止めにしようと言います。みんな目を閉じてやった人は僕にだけ教えてくれれば良いと言います。納得するみんな。微笑ましい光景です。これこそ親御さん達が求める美しい教育的な心温まる光景です。売り上げアップ間違いなしです。スポンサーから追加投資の可能性も見えてきました。目を閉じ、ケーキを食べた人手を…と言ったところでみんなが自分を見ていることに気づきます。みんなそんな純真な心の持ち主じゃありません。ココが怪しいと疑うみんな。教育的配慮も親御さんもスポンサーもクソ食らえ(まあ、お下品)、プリキュアはそんな圧力に屈しません。
 ラジカセを探していたと言うも証明できないココ。不思議生物形態になって猛烈にダダをこねます。先ほどまでの大人な態度は無に帰しました。

 さらに混迷を極める場。お互いがお互いを疑い猜疑心を募らせ、自己保身で身を固める。なんと醜い姿。しかもこれがケーキ一個のためとは。他のことなら団結力が強いプリキュアもこと食べ物のこととなると争いになってしまいます。割と冷静なのぞみ。この状況を何とかしたいものの、策がありません。プリキュア解散の危機。5の23話がある種正攻法な解散危機でしたが、今回はかなり恥ずかしい理由です。これは口外できません。ケーキを誰が食べたかで解散しました、なんて未だかつてどのヒーロー・ヒロインもなし得なかった快挙です。

 そこにやってくるブンビー。お互いの関係に亀裂が入った今なら攻略するのも難しくありません。大人しくパクトを渡せと口の周りにクリームをつけて言います。みんなの視線が口元に集中。クリームを拭い取ってさっき食べたケーキ…と言ってしまうブンビー。誤解を招く発言です。
 もう遅い。それを聞いてしまったのぞみ達。ケーキ一つでこれだけ騒ぐ彼女達です。逆に言えばこの犯人に対する恨みは相当なものです。おそらくジャアクキングとゴーヤーンとデスパライアの歴代ラスボスが結集しても勝ち目はありません。
私達の大事なケーキを食べたのはあなただったんですね」あなたの部分が恨みこもってる。
どうせ、私達を仲たがいさせることが目的だったんでしょう
「あ、いや、違う、違う」
おかげで私達がどれだけ嫌な想いをしたことか
折角のセレブ堂のケーキを一人で食べるなんて
そうちょっとだけならまだしも、全部食べちゃうなんて
あんたもずいぶんとセコイことしてくれたわね!
「だから全然違うって」
何が違うココ!
往生際が悪いナツ
「だからこのクリームは…」
みんな!変身よ!」外套を抜き捨てるこまち。
えーーー!!!」(視聴者の声含む。本当に「ちょっ!(笑)」と吹いた)

 なんという総スカン。というかこんな理由で変身するのはいろんな意味で力の無駄遣い。パルミエの蝶の力をこんなことのために使っていいんだろうか。
 ケーキの準備のために皿などが置いてあるテーブルを前にして変身完了。なんだこのシュールな絵は。ココナッツもさりげにポーズをとっています。変身の間に逃げるブンビー。賢明な判断です。
 元気の無いスコルプを励まそうと買ってきた、と弁明するブンビー。結構良いやつです。ブンビーの言葉に我に帰るドリーム。しかし阿修羅と化した他の方々(特にミント)にそんな言葉は届くはずもなく、あなたが犯人ね!と断言。レモネードに合図を送ります。プリズムチェーン発動。鎖がブンビーを絡めとります。めしとったりー。なんという技の無駄遣い。正しい使い方なのですが動機が無茶苦茶です。ミントが仕掛けます。エメラルドソーサー発動。かなり極悪なコンボです。動けなくしたところで殺傷力がありそうなソーサーがブンビーを襲います。お星様となって消えるブンビー。プリキュア史上最高のお笑い要員は見事その役目を全うしてくれました。

 (ドリームを除いて)Yes!
 色々と問題がありそうな気がしますが、プリキュアは親御さんやスポンサーに屈しません。


④真犯人
 クリームの色も違うし、ケーキの種類も違うと話すのぞみ。気落ちしています。どの道撃退することには変わりありませんが、ケーキの犯人は違うのでそれだけは冤罪です。ちょっと悪いことをしちゃったかしら、とこまち。あなたが主犯です。そうですね、とうらら。あなたも共犯です。
 では真犯人は? メルポに手紙が転送されますが、メルポは出し渋ります。手紙を出すとそれはミルクから。近況を報告します。種の芽が出たようです。
 よく見ると手紙にクリームがついています。それを舐めてセレブ堂のケーキだと断定するのぞみ。なんで分かるんだ?
 逃げようとするメルポを抑えるシロップ。真犯人はメルポ。メルポは話せないので、動機についてシロップが訳します。真犯人は動機を話すのが義務です。寂しかったようです。何しろケーキは8等分。しかしメルポも含めれば9人です。いくら食べ物を食べないからといってものけ者扱いは寂しいものです。
 何か良い感じで話が纏まります。プリキュアマジック。親御さんやスポンサーに屈しないとはいえ、そこは人気アニメ。処世術にも長けています。終わりよければ全てよし。体裁さえ整っていれば世間というのは騙されてくれるものです。
 ケーキは無事ですが、何故かのぞみは動きが鈍ります。ああ、なるほどね。ケーキを出すメルポ。一欠けら分ありません。逃げるのぞみ。のぞみが先に食べてしまったようです。

 パルミエ王国。花が咲いた薔薇。突然光りだします。その光に包まれるミルク。


⑤次回予告
 紫ついに登場。お花畑で追いかけっこはデフォ。


○トピック
 ブンビーに「ちょとだけならまだしも」と言ったのぞみは、なるほど自分への弁護が入っていたと考えられますね。と、プリキュア史上最も異端な回。これほど戦闘がいい加減なのはありません。変身時間の方が長いです。そのくせ技の使い方に無駄がないというこだわりよう。
 犯人捜しでは各自の個性が出ています。のぞみがブンビーの声に気づくところは主人公の面目躍如です。そして犯人なのもお約束。メルポを含めれば9人。9話で主要人物は全てカバー。終始楽しい話でテンションが上がったところで次回は待望の紫登場。楽しみです。



 CMであったたのしい幼稚園付録のお着替えセットが欲しいと思ったのはここだけの話。や、買わないけどさ。本当だって。
[ 2013年05月22日 10:05 ] カテゴリ:プリキュア5GoGo! | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL