六畳半のすごし方 TOP  >  Splash☆Star >  第10話「ちょいヤバ?海の上は大騒ぎ!」

第10話「ちょいヤバ?海の上は大騒ぎ!」

○今週の出来事
①海で働く人
 ダークフォール。人魂みたいのがチョロチョロしています。声から察するにモエルンバのようです。アクダイカーンのところまでやって来ます。そこでゴーヤーンはいつものとおり皮肉を言います。まったく気にした様子が無いモエルンバ。今までは様子見だったと言います。みんな最初はそう言うんだよね~。はい、また頑張ってください。

 夕凪中。社会見学の一環かこの街で働く人についてのレポートを作らなければならないようです。咲と舞、優子、仁美、安藤さん(何故か「さん」付け)の班でテーマを考えます。PANPAKAパンが候補に上がりますが咲にとっては勉強にならないので却下です。楽に済ませようと思えば有りですがそんな怠けたことはしないようです。舞が海に関係した人は?と提案します。皆も賛成し具体的な職業を考えます。
 突然、健太は芸能人を密着取材だ!と叫びます。舞は何か面白そうに見ていますが咲は「また、何か変なこと言い出したよ…」って感じの顔してます。芸能人などいないので却下されます。どうやら笑いを取りたかった様子。騒がしい人です。
 ため息をつく咲。優子は健太の実家が釣り船屋さんだと思い出します。ちなみにこれも布石の一つでしょうか。優子は健太に気があるような気配があります。


②健太の両親
 ベランダ。健太に交渉する5人。ん、5人?咲と舞と優子と仁美と安藤さんの5人。何か羨ましいなぁ。健太は拒否します。まあ、同級生に親の仕事を見せたくは無いよね。親だけでやっていると聞いて感心する舞。私ならその言葉と笑顔で快諾してしまいます。「余裕っスよ!」とか言いますね。しかし、拒否する健太。5人に頭を下げられても断ろうとします。そこで必殺技が炸裂します。ブリっこポーズで懇願する5人。これはたまりません。優子と仁美は特にしなくても良いと思います(←大失礼)
 必殺技でメロメロになったわけではないですが、健太もとうとう諦めて承知します。多分に人が好いので断りきれないのでしょう。健太の肩を叩いて「よろしくね」と咲。健太はちょっと困り顔です。

 家に帰り両親に事情は話す健太。あっさり快諾する両親。ノリノリです。怪しい踊りまでします。ああ、うん健太の両親だ。そういうふざけた姿を見せたくないのだろう健太ははしゃがなくていいと念押しします。しかし親父さんは信念があるらしく真剣に話します。思わず感心する健太。お袋さんが親父さんに飛びついて倒れます。感心も色あせます。お調子モノなのは素です。健太はそれを色濃く受け継いでいるわけでしょうが。


③釣り船屋
 健太の釣り船屋にやってくる5人。迎える健太を跳ね除けて両親が挨拶します。少々気おされる5人。しかし親父さんがハチマキを締める仕草を見て安心します。親子だと分かります。恥ずかしい健太は急かすように本来の目的である見学を促がします。
 説明する親父さん。舞はスケッチを取っているようです。優子はメモ。咲はキョロキョロしています。初めて来たのでしょう。説明がいつの間にか与太話になりつつも見学は進みます。地図を見せながら釣りのポイントを説明します。季節の魚を紹介。さらに大物の魚拓を紹介します。鷲尾さんすげぇな。流石プロデューサー。まがい間違っても権力使って「俺が釣ったことにしろ」とか指示してませんよね?
 釣り初心者だと思われる舞が釣りは難しいのでは?と不安を口にします。肯定しながらも釣れると安請け合いする親父さんに健太は不安に思います。あまり大口叩いて失敗すると親父さんの面子も同級生の期待も落ちてしまいます。しかし自信満々の親父さん。学校にいる健太のようです。親子です。

 太陽丸。健太が生まれた年に買った物だそうです。この船と健太は宝だと冗談めかして言う親父さん。船に乗り込んで出発です。
 放送で案内する親父さん。健太は先ほどの釣れるという約束を心配しています。なにも親父さんはリップサービスで言ったわけではなく、経験から裏打ちされた自信があるようです。
 手伝う健太も色々と説明します。感心するクラスメイト。意外な健太の一面です。

 舞は皆とちょっと離れてスケッチをします。フラッピとチョッピが釣りをしています。バレないか?大丈夫か?っていうかそれで釣れるのか?
 さて、咲は何をしているのかと思えば…思いっきり船酔いしてます。先ほど元気な咲ちゃんは大丈夫とか言っていましたがあっけなく沈没です。とても少女アニメの主人公とは思えないほど悲惨な表情をしています。でも私はそんな咲でも好きです。舞も好きです。お婆ちゃんが言ってた、二兎追うものは二兎とも取れって(番組違う)
 咲の様子に気づいた舞は休むよう言います。

 モエルンバ。飛んで行きます。っていうかお前火の属性だけど海とか水とか大丈夫か?


④海で働く人
 元気におにぎりをかっ食らう咲。現金すぎます。なんというバイタリティ。ある種この順応力は驚愕に値します。食事のことになるとOKらしいです。呆れる同級生達。安藤さん、メガネメガネ、光ってますよ。
 タコ飯のおにぎりの味に酔いしれる咲。タイミングを見計らったように親父さんが出てきて「タコさんだけにタコさん食べてね」と言って帰っていきます。呆然とする5人。健太は冷静に85点と採点します。私は60点かな。健太の採点に目を丸くして驚く一同。安藤さんメガネメガネ、光ってます。この親にしてこの息子有り。何とも微妙なセンスです。

 釣りを始めて2時間。流石に飽きてきました。健太が不平を言いますが親父さんは気長に言います。健太に根気が無いと親父さん。ネタ帳も白紙だそうです。あるのかよネタ帳。ネタは無いけど女の子の名前はびっしり書いてあったとばらす親父さん。これはとても痛い精神的ダメージです。健太も思わず固まってしまいます。優子が顔を背けたのが気になります(気があるんだろうなぁ)。

 状況判断する親父さん。雲行きが怪しくなってきたのを確認するとすぐに撤収命令を出します。軽く見る健太に強い口調で注意します。海で働く者としてお客さんの安全性が第一だと健太に言います。プロのプロたるところは引き際をわきまえているところでしょうか。皆にお詫びする親父さん。
 船を陸に戻しますが波がいつもと違うらしく親父さんは戸惑います。心配したのか健太が様子を見に来ます。健太に下で待ってろと言う親父さん。とても職務に責任を持っています。ふと波に舵を取られてしまいます。助ける健太。良い男の顔つきです。

 船酔いでダウンする優子、仁美、安藤さん。咲は一度なって回復したおかげか問題無いようです。舞はスケッチが描けるくらいですから何ともなさそうです。
 フラッピが警戒します。突然、帆先に炎が灯ります。外に出るとモエルンバが待ち構えています。「セントエルモの火」を科学的に説明するモエルンバ。餅は餅屋ですね。しかしそんなことはどうでもいいので、親父さんの仕事やグループ学習を邪魔されたことに腹を立てる咲。まったくです。


⑤学び
 ウザイナー召還。ホタテ? 人工物とか金属物でもないのか。特に原材料の限定は無いのか。カレハーンは木を操れたけど、モエルンバは操作できない代わりにウザイナーに火の属性を与えられるのか。まあ、どうでもいいんだけど。っていうか、火だけど水は大丈夫?地形適応的に。

 プリキュアに変身です。火球を放ってくるウザイナー。船の上にいるプリキュアは回避するわけにはいかないので防御して弾きます。弾き返した反動で姿勢を崩したイーグレットを支えるブルーム。足場が悪いです。追加攻撃を食らって近くの小島に飛ばされます。怪我の功名です。足場が確保されました。海でどうやって戦うのかと期待しましたがやはり足場は必要なようです。精霊の力も大きく跳躍できるだけで飛翔できるわけでは無さそうです。
 ウザイナーの火球をかわし肉薄します。打撃を与えて姿勢を崩したところでツインストリームで浄化します。
 船は結構遠くまで進んでいるので戻れるか心配ですが大丈夫みたいです。

 天気が回復したので釣りを再開します。親父さんと健太カッコイイです。良い親子です。

 グループ発表。記事を纏めた紙を黒板に貼って説明します。スケッチ上手いです。序盤健太親子の話をしますが、本題に入ると仕事の内容よりも親父さん達の責任ある態度を説明します。良いところを見ています。健太の仕事ぶりを話す優子は少々頬を赤らめています。これ見て確信したのですが、やっぱ気があるんだろうなぁ。
 結果して、釣りの収穫は大物の黒鯛。万事天晴れ。本日も晴天なり。


⑥次回予告
 海から出てきちゃマズイだろモエルンバ。お前一応火の人なんだからさ。


○トピック
 ということで「カッコイイ大人シリーズ」第二弾。勝手に命名します。
 6話の感想で書きました大人がしっかり大人しているのはとても良いです。今回は健太親子の話でしっかりとさり気なく健太と親父さんとの繋がりが描かれていますし、親父さんの仕事ぶりからちゃんと学んでいる咲達も素敵です。優子が地味に伏線張っているようなので今後アクションありそうです。

 さて、クラスの一員として埋没していく咲と舞。主人公というかプリキュアに変身できる人くらいの割と低い立ち位置です。これが吉と出るか凶と出るかは未だもって分かりませんがまったりと見ます。個人的にこのまま地味すぎるくらい地味に関係を深めていった末にすげぇ親友に、主人公になってくれたら面白いですね。プリキュアは中・長期的に見る作品だと思いますし。こういうまったり感(ダラダラとは違う)のある展開は苦になりません。
[ 2013年05月22日 09:06 ] カテゴリ:Splash☆Star | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL