六畳半のすごし方 TOP  >  ふたりはプリキュア >  第9話「取り返せ!メポメポ大作戦」

第9話「取り返せ!メポメポ大作戦」

○今週の出来事
①友達
なぎさの寝ぼけ気味な出だしから。妙に萌え。前回からの続きもあって「ほのか」と言っているところが燃え。メップルとの会話はやっぱ目立つらしい。現状でメップルはなぎさにとって手のかかるワガママな子どもでしょうか。ところで年頃の女の子が異星(次元)人と一緒に暮らすというのは精神的に問題ないのでしょうか?いや、っていうかね、つまりほのかの着替えシーンを出せと言いたい訳ですよ。ほのか&ミップルの描写は少ないし。


②ベローネ学院女子中等部
こちらも前回の燃えイベント後の変化を強調してますね。無理なく普通にお互い接しているところが良いです。それほど前回のイベントが2人にとって強力だったわけですね。

ジャアクキングに毎度怒られる幹部。幹部自体がプリズムストーンで出来ているのだから単体投入は各個撃破され逆に手持ちのプリズムストーンを失いかねない。全勢力投入またはお前が行けよと思うのだがこれはお約束ですね。実は他の幹部とかは事務処理とかで忙しいのかもしれません。


③奪われた学用品ではないもの(メップル)
最近は防犯の意味もあって携帯を没収するなどということは無いと思う。防犯云々抜きにしても携帯を取り上げるのは問題である。
①虹の園(地球)では本来の姿で活動するには消耗が激しい。
②メップルは最近来たばかりで慣れていない(ミップルは100年)
キチンと設定使ってますね。展開上あまり出なさそうなカード(パルプ)ですがボチボチ各種カードを使っていくのかな。ちなみに私は「ミルプ」「アクアール」「チェリンプ」「ポムプ」とかのカードを持っています。何かの仕事をするというカードでは無さそうなのですがこれも出てくるのでしょうか?
事情を聴いて即行動(教頭に直訴)するあたりなぎさの素直で真っ直ぐな性格が出ています。
演劇部の衣装を拝借して侵入を試みるなぎさに「手段を選ばずといったわりに結構姑息な小技を使うよね」結構毒吐きますこの娘(ほのか)。案外黒いかもしれません。しかし、それが萌え。

④戦略的撤退
たこ焼き屋のあかねさん登場。流石にOGだけあって情報提供役。しかし、教頭は一番遅い理由は漫画ですか。印象が25%ダウンしました。
呼び捨て効果は絶大。意味深に微笑むあかねと普通に答えるほのかが対照的で面白いです。照れとかじゃなくて今の状態が2人にとって当たり前なのかもしれません。

⑤物資強奪(再)
正攻法を諦めほのかは「どっかで待ってて教頭先生が帰ってから取り返しに行った方が確実だと思うけど」と提案。直接的に奪取しようとしたなぎさと対照的に狡猾的な手段を考えます。段々黒くなってきました。

メップルの身を案じると共になかなかナイーブな思考をするなぎさ。身近な存在ほど普段意識しない。縁とは奇なもの。なぎさとほのか見た目は神経太いと細いですが中身は逆です。

集めないで下さい教頭。印象が38%ダウンしました。何巻も続く漫画とかは狙って没収してそうです。没収品といえど私物なので個人情報の兼ね合いもあって調査とかはプライバシー権に抵触する恐れがあります。校長を目指すなら不祥事になるような行動は慎んだ方が良いかと。

⑥ミッション変更-校舎からの脱出
暗闇の学校で人体模型はベタな怪談ですが、実際問題として物色した後に十数メートル跳躍されればかなり怖いです。
「寄生虫の標本よりマシだもん」その例えもどうかと。結構余裕ありそうです。
「別に謝ることないけどね」突っ込みますね先生。カナヅチの件といい緊急時の突っ込み担当でキャラ立ちまくりです。なぎさと並んで走しられるあたりやはり猛者です。ラクロス部に入ったらなぎさとツートップどころかバンダナ(部長の称号))巻くことになりそうです

⑦ミッション変更-敵ザケンナーからミップルを奪取
「明日の像」は「明日のジョー」とかけているのでしょうか。というかわざわざこのためにポーズをとっていたゲギドラーゴはお茶目です。
なぎさ泣き落としにかかります(嫌な表現だ)先の件で念を押されていたこともあり素直に解放。分かりやすい伏線です。
「なぎさ変身できるよ」いや、まず治してやるのが先だと思いますけど。目の前の敵も脅威なのは分かるがほのか結構容赦ありません。

⑧ミッション変更-敵ザケンナーまたはゲキドラーゴの撃破
いきなり巨大化しますか人体模型。そして踏み潰しますか。今回ギャグ色濃いですね。
「いまよ!」いや、だから治してやれよ。全く容赦ありませんほのか。そういえば教頭がザケンナー化してゲキドラーゴに殴り飛ばされた時も躊躇なく「いまよ!」と必殺技を促しました。ほのか嬢は隙あらば徹底的に突くようです。限りなく黒です。白なのに黒とはこれ如何に?

変身後は共有化されるためか、メップル(ミップル)のコンディションも影響するようです。お互いをホワイト、ブラックと呼んだり必殺技の前口上を自動的に言えるのはこういう理由があったのかもしれません。

「人を守ろうとする愛。その時奴の力は全開する」意思の力はすなわちプリキュアの力。しかし、ゲキドラーゴもいつか跳ね返してくれることを期待します。ただ、そうなると倒す時に火力を上げるわけですがピーサードみたいに狡猾でも悪人っぽいわけでもないので、プリキュアの方のモチベーションが保てなさそうです。
ところで、プリキュアの変身解除はどういう感じなのでしょうか?

⑨事後処理-教頭を懐柔
「大丈夫ですよ。私たち誰にも言いませんから」教頭を脅すほのか嬢。腹黒いなこの娘(褒めています)。即興でウソをつくあたりなかなか巧です。コンビネーションが光る。

なぎさ嬢、家での評価が芳しくありません。脳内に友達がいると言うウソは危険な方向に行ってしまうので使えません。ごまかすの難しそうです。


○トピック
大変です先生!!
初めてEDでなぎさの父親が出ているって気付きました!(遅っ)
結構飛ばすんだよな・・・(仕事上録画で見ることが多い)

今回、仲直り後の様子やなぎさとメップルの繋がり、黒い白(褒めてます)、各設定とか割とぎっしりな内容で面白かったです。ほのか萌えですよ。しかも来週は炸裂しちゃいますよ。ほのかすぺしゃるですよ!メロリンキュー。
[ 2013年05月21日 07:52 ] カテゴリ:ふたりはプリキュア | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL