六畳半のすごし方 TOP  >  2013年08月

アメリカのCGアニメ「RWBy」

 友人から教えてもらった「RWBy(公式の動画が再生されます)」(解説はこちらを参照すると分りやすい)という外国製CGアニメが面白い。
  日本のアニメの影響を受けているのか、アクションや演出がそれっぽい。日本っぽい戦闘・日常演出+外国の会話センスが組み合わさって俺得な仕様。主人公の表情豊かさは魅力的ですね。アニメで言うところのガッカリな作画と気合い入った作画が入り交じっているのもこれはこれで味があるというか。1話は12分ですが、2話以降は5,6分なので今のタイミングなら入りやすい。
 ストーリーも今のところシンプル。まさに漫画・アニメの王道。っていうかテンプ レ。翻訳しなくても何となく展開が分る。何かの養成学校に入学→試験・メンバー集めってところですね。アメリカのアニメや漫画もこんな感じのストーリーが多いんでしょうか? あっちの方の物語類型に疎くて。
 (吹替や翻訳がなくても)DVD出たら買おうかな。

[ 2013年08月25日 21:09 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)

第29話「マナのために!シャルル大変身!」


[ 2013年08月18日 17:07 ] カテゴリ:ドキドキ!プリキュア | TB(0) | CM(-)

そんな条約あったんだ

 「タバコ規制枠組み条約
 例によって「風立ちぬ」関連で知ったんですが、これ私も条約を知らなくて「どうでもいいことにケチつけてんなー」と思ってたんですが、こういう条約があると知るとちょっと見方が変わってきます。
 具体的に何に引っかかってくるかは条約全文読んだわけでもないし解釈の仕方も分らないんでピンとこないんですが第十三条の「たばこの広告・販売促進及び後援」のあたりでしょうか。これに対する反論としては時代描写、表現の自由が出るだろうと容易に想像できます。時代描写といっても必要な演出であるか、それが過剰になってないかの配慮は当然作り手にも関わってくるとは思います。私は映画を見てないんで過不足を指摘できませんし、その妥当性を云々する気は無いです。つーか、そこはどうでもいい。

 日本って割と緩い国で、ロウきゅーぶ!みたいなアニメがあれば、ワンピースみたいに未成年が堂々とタバコ吸ってたり、パチンコ店が軒を連ねてたりするんですけど、これらは外国だったら規制されますよね(ワンピースは喫煙シーンが修正されているし、パチンコは確実に賭博扱いになる。ロウきゅーぶは児童ポルノに引っかかりそう)。この緩さが良いか悪いかはこの際脇に置くとして、国際的にはタバコは規制対象になっていて上述したような枠組みが設けられていることに日本人は疎いというのが露呈したと思うんですよね。この条約知ってる人ほとんどいないでしょ。
 ま、WHOは製薬会社との癒着が指摘されてたりするんで、国際機関がどれほど公平で正しいかは知りませんが、世界がそういう流れで動いているということは知っておいて損はない。

 全く関係ないですが、同窓会で同級生にやたら放射線を警戒するわりにずっとタバコ吸ってた人がいて思わず突っ込んだけど、そのあたりの認識が曖昧な人結構いますよね。携帯電話だって害が全くないなんて証明されてないし。安全と安心って全く違うものなんですが、混同されますよね。
[ 2013年08月15日 20:55 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)

食物アレルギーについて

 私はアトピーや喘息持ちではあったけどアレルギーはなくて、周囲にもそういう人は見なかったんですが、最近子どもの食物アレルギーって増えてるらしくて給食で亡くなったという話しも珍しくない。
 で、実際学校ではどういう対策・対応がとられているのかな~と思って検索かけたら分りやすいブログがあったので下記に紹介。命に関わるっていうんだったら、学校や教師を信用せずに弁当持たせるのが一番の自己防衛策になるような気がしますね。

 ちなみにアレルギーっていうと直接的に健康被害をもたらすイメージあると思いますけど、例えばイライラしたり精神的に影響が出る場合もあるそうです。自閉症の人はそれが併発していることがあるって読んだことがあって、アレルギーって気づかないだけで多いのかもしれませんね。

・言い訳しながら報告します
 食物アレルギー ~学校給食の対応~

[ 2013年08月15日 12:53 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)

パシフィック・リム

 ロボットVS怪獣。どっちかと言えばロボット寄りの映画。
 どうせあっちの人が作る怪獣なんて例のゴジラみたいなものだろ?と思ってたら割とガチで怪獣でした。ただやっぱりエイリアン寄りだけど。日本の怪獣って胸張ってるのが特徴的ですね。生物学的には前傾姿勢の方が正しいんでしょうけど。
 ロボットアニメや特撮見ていた人なら楽しめると思います。日本語吹き替え版は完全に狙ってますしね。本作の監督が日本に来たときにフィギュアを買い込んで帰って行ったっていうエピソードからして、もうそういう映画ですよっていう。

 友人と同時に突っ込んだのは「ハイテクなのかローテクなのかどっちだ!?」。あれ、コクピットの足下がそのままロボットの足に機械的に連結されてるように見えるよね。
 ロシアは完全にネタ枠。無骨でパワフルな外見、パイロットスーツのかっこよさ(むせる)、チェルノ・アルファという名、「原子炉に水が!」発言、どれをとってもヤバイ。あと壁がぶっ壊されるシーン見て進撃の巨人を連想した人は多いと思う。

[ 2013年08月15日 00:05 ] カテゴリ:よもやま話し | TB(0) | CM(-)

第28話「胸がドキドキ!亜久里の夏休み!」

[ 2013年08月11日 15:09 ] カテゴリ:ドキドキ!プリキュア | TB(0) | CM(-)

第27話「バレちゃった!?キュアエースの弱点!」

[ 2013年08月04日 13:06 ] カテゴリ:ドキドキ!プリキュア | TB(0) | CM(-)